聞く耳を持たぬ市当局(怒)

2017-08-28 (Mon)

20170616215405616.jpg 20170616215341694.jpg
9月議会を目前にして、今日の午前「不動産の取得について」産業建設委員会が招集された。
噂は耳に入っていたが、6月議会で議会全体で否決(予算案を減額修正)した、滑川蒲鉾の土地建物を買いたいということの説明だった。
3ヶ月たって、市当局から出された資料は滑川蒲鉾の建物に番号を振った地図と、その番号の建物の利用法を書いた紙一枚。

「前回の議会では利用法について説明不足だったから…」と出された資料は、一時間も作業をすれば作れる代物。
一時間の内訳は、パソコンの入力だけなら20分。
内容を考える時間が40分。
矢継ぎ早に、10問ほどの質問をして「一体、NO!を出された6月議会の議案と何が変わったの?」…と聞いたら「基本的に変わっていない」とのこと。
買い取り価格も同じ4800万円のまま。
活用策が中途半端なだけでなく、買い取り価格も高すぎるという指摘をしていたのに、3ヶ月の間に価格交渉もせず、何も変えずにまた予算案を出してくる。

恐らく、6月議会での否決(予算修正)を受けて、担当者は「無くなった」と思っていたのに、市長から9月議会にそのまま出すと急に言われて、慌ててA4の紙2枚を作ったのだろう。

おまけに、海洋深層水を使って海ぶどうやイワガキ、トヤマエビの養殖の研究…を掲げているが、滑川蒲鉾の隣にある富山県の水産研究所で、滑川市の海洋深層水を使って既にトヤマエビの養殖の研究はしてしまっている。
富山県と連携をしていないことがバレバレだし、市内にある水産研究所を訪れてもいないのだろう。
また、海ぶどうは3~4度の海洋深層水では育たない。
育成には最低でも20度は必要とされているのに、重油を燃やして海水を温めるのか?
質問をして、答えを聞く度に怒りがこみ上げてきた。

私だけではない。
他の議員からも、価格のこと、利用方法のこと、計画性の無さ…など当局への批判が相次いだ。
9月議会はどうなることか…。
スポンサーサイト
Entry Status
Monthly : 2017-08
Category : 議会報告
Comment : 0
Trackback : 0
New >>
蜷川同朋こども園長の受章記念祝賀会
<< old
この週末…

Comment

Post a Comment








Trackback

http://namerikawa.blog38.fc2.com/tb.php/3902-0dd30045

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村