既定路線で…

2017-08-10 (Thu)

satou.png
入札参加資格条件変更によって入札結果が意図的に歪めらるのではないか?…という疑念の怪文書をいただいた屋内運動場建設工事。
入札は条件変更によって資格を得た、県外に主たる事務所を置き富山市に営業所を置く佐藤工業が「低価格入札」のチェックを受けたものの、そのまま落札が確定した。
入札参加資格の変更は、佐藤工業を入れるために行われた…と指摘されても仕方がない結果だ。

今日の午後、滑川市の建設業協同組合の皆さんと県議&市議会との意見交換会が行われた。
前半は、新川土木センターに対して提出している市内の改良要望箇所について説明を受けた。
滑川市や市議会、あるいは自民党でも新年度の県予算に対する要望を行っているが、建設業協同組合の皆さんと要望箇所についてのすり合わせはしたことがない。
後半は出席した県議に対して、合法的な陸砂利採取を滑川市の農業委員会が上田市長の意向を「忖度」して許可を与えていないことや、民間の建設残土の処分などについて意見が集中。
二時間にわたる意見交換が散会になった後、「安田工業団地の造成工事は、仕事のない滑川市の土木業界にとって今年の目玉事業だったのに、なんで『愛市購買』と言っている市長は大手企業とのJVを入札条件にして、大手に7割、地元に3割しか仕事をさせないんだ?」…と、ここでも滑川市の入札の参加資格条件についての疑問が呈された。

滑川市の入札は『普通じゃない』。
その背景には一体何があるのか?
『普通じゃない』…は市長にとっては、ほめ言葉なようだが…。
スポンサーサイト
Entry Status
Monthly : 2017-08
Category : 議会報告
Comment : 0
Trackback : 0
New >>
丘声会オペラ公演終わりました!
<< old
祖父の議員時代

Comment

Post a Comment








Trackback

http://namerikawa.blog38.fc2.com/tb.php/3892-7cd4e1b3

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村