姉妹都市・那須塩原市の教育

2017-07-31 (Mon)

20170731223851db6.jpg 20170731224418e09.jpg
昨夜の内に滑川市の姉妹都市である那須塩原市に移動をして、今朝9時前から那須塩原市役所で「小規模特認校」について、会派の視察をさせてもらった。
那須塩原市は1市2町が合併をして出来た市で、合併前の西那須野町と滑川市とが開拓者が縁で姉妹都市となっていて、合併後も引き続き姉妹都市となっている。
人口は11万6千人余りで、滑川市の3.5倍。
面積は592平方kmと滑川市の11倍という市だ。

姉妹都市ということで4年毎の改選の度に、互いに訪問しあって議員同士の交流を行い、市の歴史や地域産業に触れる機会を持って来たのだが、具体的な施策について学んだことはなかった。
今回、小規模特認校の先進地を滑川市の教育委員会を通じて調べてもらったところ、那須塩原市という回答を得て、視察地に選択した。
君島議長には、多忙な中、歓迎の挨拶をしていただいた。

昨年まで学校長をされていた小泉学校教育課長と、吉田指導主事には、視察テーマの小規模特認校についてだけではなく、那須塩原市の教育行政全体について詳細に説明をしていただいた。
また、石塚議会事務局長も、昨年まで発達障害児の対応システム構築に携わられていたということで、熱くフォローしていただいた。

那須塩原市では、「人づくり教育」を大きなテーマとして取り組まれ、市内の全中学校区で校舎は一体ではないが、小中学校間での先生の行き来や、同じ教育目標を掲げて中1ギャップを無くすための「小中一貫教育」をされているといくことだった。
また、小規模特認校にも指定されている塩原小中学校では、校舎も共通にした「塩原義務教育学校」として物理的にも小中一貫教育が行われて、1~9年生というカテゴリーになっているとのことだ。
また、全小中学校にALTを1~2名常勤で配置し、ICTの推進ということでも全クラスに電子黒板を設置し、一部の学校ではタブレットを導入した研究校もあるとのことだった。
発達障害児の対応や、外国人生徒の日本語教育など、様々なシーンで県の差配では手薄と思われる部署に市の採用で160名もの職員を追加で配置されているとのことに驚かされた。

本題の小規模特認校では、現在市内には20の小学校、9の中学校と、一つの義務教育学校がある。
これは小中学校適正配置基本計画に基づいて、平成26年度から28年度の3年間で、4つの小学校を統合廃止した結果であり、次の段階として、統合廃止しなかった8つの小規模校について「小規模特認校」として、通学区域外の生徒を受け入れることとした。
転入の条件は…
①児童生徒と保護者が市内在住であること
②就学指定校が小規模特認校の通学区域外にあること
③保護者の責任で通学できること
④卒業まで小規模特認校に通学すること

市内全小中学校が、学校の特色をPRする学校紹介パンフレットを作成し、小規模特認校制度を市内全戸に紹介。
また、市の広報には小規模特認校の紹介を掲載もしたそうだ。
平成24年度の7名から始まった、小規模特認校制度利用児童は今年度57名に伸びたが、小規模特認校利用児童が全校生徒の20%前後になる成功例も半数あるが、その一方で1人も利用児童が無い学校も3校あるなど、保護者による通学の足の確保がネックとなっているとこのとだった。

ただ、それぞれの学校が切磋琢磨して、放課後学習や土曜学習、大学教授による授業の実施や、英語学習の充実など、様々な特色を持って教育に取り組んだ結果、英検の合格者が増えるなど教育成果としても実績が上がっているとのことだった。

もちろん、小規模特認校制度でも将来の児童数予測では減少の傾向はあり、次の統廃合も完全に無くなったわけではない。
しかし、地域伝統文化の担い手としても地域の子供は大切で、国の無形文化財となっている行事が小規模特認校によって守られている例もあるとのことだった。

いずれにしても、滑川市のように無償化や教育設備の充実よりも、人を育てるのは人…ということで、必要なところに必要な人材を市の予算で配置するという取り組みは、滑川市に欠けている点だと改めて考えさせられた。

午後には同じく那須塩原市内のタカムラ鶏園の最新の養鶏施設を視察させていただいたのだが、そのことは明日詳しく報告したい。
スポンサーサイト
Entry Status
Monthly : 2017-07
Category : 研修
Comment : 0
Trackback : 0
New >>
最新の養鶏施設
<< old
怪文書(?)

Comment

Post a Comment








Trackback

http://namerikawa.blog38.fc2.com/tb.php/3884-7acf1c8a

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村