中滑川駅前活用策座談会

2017-06-19 (Mon)

201706192332234f8.jpg
2年前に滑川市が購入した中滑川駅前の農協会館跡地。
市役所からも徒歩3~4分。
藤井歯科跡地などと合わせて約7500平方メートルという、中心市街地中の中心地。
議場でもその活用法について何度も議論がされたが、今月に入ってようやく、周辺の町内会単位での要望を聴くための座談会が始まった。
田中新町、田中町に次いで今日のさらしやか3町内目らしい。
入り口で中滑川駅前に有ればいいと思うものを付箋に書いて欲しいと伝えられる。
それとは別に、まちづくり課からの説明を聞きながら意見を伝えて行くのだが、元々スーパーマーケットがあったのが無くなり、日々の生活の中で不便に感じられる方も多く、スーパーが欲しいという声は複数あった。
図書館と東地区公民館が同じ敷地にあり駐車場などが手狭なのと、東地区公民館が老朽化していることもあり、いずれかの機能を持ってきては?…という意見もあった。
高齢化が進み、子供たちの姿が減っている地域だけに、人が集える場所が欲しい。
銭湯が無くなり、お風呂があればいい…という声もある。
健康センターや働く婦人の家も含めた複合型の施設が良い…というのは、商店街のまち・経営者のまちであるさらしやだからかもしれない。
線路で分断され、一方通行の踏切や高齢者にはつらい階段の地下道など、交通の整備無しでは駄目ではないか…と、まちづくり課が座談会の場では求めていなかった、ごもっともな意見を出る。

まちづくり課にしてみれば、市民の「欲しいもの」だけを聞くつもりだったのだろうが、アリバイづくりのように意見を聞くだけ聞いて具体的な活用策決定の過程に改めて市民の声を聞く機会を持たないと、出来上がったものが人の集まらないものになりかねない。
これからまだ6つの町内会を回るそうだが、取りまとめたものを議会にも提示してもらい話し合う場を作ってもらいたいものだ。
スポンサーサイト
Entry Status
Monthly : 2017-06
Category : 町内会
Comment : 2
Trackback : 0
New >>
6月議会閉会のち税理士会支部総会
<< old
自民党富山県連定期大会ほか

Comment

高木悦子(たかぎえつこ) : 2017年06月20日(火) 23:50 URL edit
中滑川駅前は、働く婦人の家や健康センターとも隣接していて、いずれの市の施設も相当な年数を経た建物なので、これを機に一体的な整備を…という考えも選択肢の一つですね。
新しい施設を作るなら、複数の公共施設を統合して古いものを減らしていくのは、財政改革の基本の手法ですし。
これからも発言の機会があれば、是非とも続けて下さい。
ヘルスメイト : 2017年06月20日(火) 11:50 URL edit
ヘルスメイト(食改)として四月末の総会時に健康センターから意向を聞かれました。突然な事で考えなども浮かばなかったのですが、食改に何かをして欲しい、という感じでした。老朽化した施設は建て替え時、とはおもいますが、その割にお金をかけ過ぎの感があります。例えば、健康センターの調理室、改修中ですが再利用出来る調理台でしたらよいのですが、10年❓くらいで廃棄するつもりなら勿体無いですから。今年も市長と女性の語る会があるので、参加しようとおもいます。ちなみに昨年参加した時に、調理室の改善を写真入りで説明させていただきました。一旦は予算の関係で中止になりましたが、結局改善する事になり、それはそれで良かったですが。とりとめなかったお話でしたね。

Post a Comment








Trackback

http://namerikawa.blog38.fc2.com/tb.php/3856-d1fccf6b

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村