議場モニター

2017-06-12 (Mon)

20170612234403bdc.jpg
今日は6月議会の代表質問と一般質問の初日だった。
今回は議長を除く14名の議員全員が質問に立つ…ということで、長丁場覚悟の一日だった。
今議会から議場の中に議員や傍聴者が座る方に向けて、2台のモニター画面が設置されて、ケーブルテレビての議会中継と同じ画面が見えるようになった。
私は、これまでもグラフや写真など視覚に訴えた方が理解が深まるだろう…と思えることは、A3用紙に印刷をして示してきたのだが、背中を向けている傍聴者には見えなかったが、今日からはモニター画面を通して傍聴者の皆さんにも同僚議員にも見てもらえるようになった。
…ところが、A3コピー用紙のグラフは議場内の空調の風で飛ばされる始末。
飛ばされないように…と、クリアファイルに挟んで掲示すると、モニター画面ではクリアファイルが光を反射して見づらい…という状態。

私の質問を終えてからは、議会事務局長が紙が飛ばないように押さえるためのクリップを用意していた。
事前にクリアファイルに挟んだらモニター画面にどう映るか確認しておくべきだった…と反省。

今日の議場にはテレビカメラが何台も…。
ホタルイカ海上観光中止の理由が明らかにされないことは、多くの県民の関心事でもあって、代表質問後の取材がすごかった。

さて、私の質問に対しては、連続答弁拒否の市長は発言を避けて、副市長と部長相手に行った。
滑川蒲鉾跡地の購入に関して、仮に買わなくても行政に何の支障もないこと、市民生活にも何の支障もないことが確認できた。
要らないものを買おうとしていると答えているようなものだ。
また、15ヶ月前に経営改善を誓ったタラソピアだが、年間利用者は26000人余りから5000人以上減ったことが発覚した。
経営改善に失敗したことが露呈したのだが、副市長からは15ヶ月前と全く同じ「経営改善に努めたい」という答弁。
経営者が自分の資産を投じて経営継続するのと異なり、赤字の垂れ流しのしわ寄せは市民の税金の無駄遣い以外の何物でもない。
自分の懐が痛まないから…の答弁だろうか?

ところで、今日久し振りに滑川市議会のYouTubeを見てみると、3月議会の私の質問の再生回数が500回を超えていた。
昨日、町内会の中川清掃の時にも町内の方から「息子と2人で高木さんのYouTube見たよ。あれ何け?」と声を掛けてもらった。
今日の傍聴者は数名だったが、YouTubeでご覧いただけていることが嬉しい。

今日は議会が延長されて7時を超えた。
明日は、4時過ぎには終わるだろうか?
スポンサーサイト
Entry Status
Monthly : 2017-06
Category : 議会報告
Comment : 0
Trackback : 0
New >>
4000万円の無駄遣い?
<< old
ジオパークから敬老会まで

Comment

Post a Comment








Trackback

http://namerikawa.blog38.fc2.com/tb.php/3851-4d116d72

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村