平成30年度重点要望ほか

2017-05-31 (Wed)

20170531221755a11.jpg
6月議会に先立って、今日は全員議員協議会があった。
冒頭、副市長を筆頭に部長等が揃って平成30年度の滑川市から富山県と国に対する重点要望事項の説明がされた。
基本は前年度の重点要望項目を継続して要望し、採択されて完了したものを削除して、新規のものを追加していく。
上の表で青字が削除で、赤字が新規となる。
富山県に対して32ある要望の中で、丸印を付けたものが最重要の5つ。
砂利採取認可事務の権限移譲が、海岸保全や新駅構想より優先なのか?…など疑問は有るが、重点要望事項は議会の議決事項ではないので、報告を聞くだけ。
せいぜい質問するだけとなる。

続いてホタルイカ海上観光の報告があったのだが、民間の実行委員会による再開を伝えるための4月頭の全員議員協議会で質問したり、資料提出を求めたことには答えは無し。
民間の実行委員会が主体とは言うものの、市の観光協会を通じて300万円近い市の予算を使い、30才以下の市の職員と商工水産課OB職員が連日、未明から時間外勤務で対応した人件費などはカウントしておらず、市がいかに「民間の事業」と言い張ろうとも、滑川市の事業には間違いないので、事業全体の収支のことを確認したら、相変わらず「ブラックボックス」にして議会に明らかにしようとしない。
市民の税金を投下して行っている事業の報告をしないことを異常だと思わない人たち…。

富山湾岸クルージングの再開について質問したところ、キラリン号の船検証を運航会社から回収できていないために、何の目処も立っていないとの回答が副市長からあった。
船の賃貸契約の期限が残っているのに、解除理由が示されないまま、紙切れ一枚の契約解除通知に納得できない運航会社側の抵抗のようだ。
副市長は「法的措置も検討している」と話していたが、裁判となれば多くの滑川市民が知りたいと考えている「海上観光中止の理由」も法廷で明らかとなるのであろうか?

今日は議会改革検討特別委員会もあったのだが、その話は明日改めて…。
スポンサーサイト
Entry Status
Monthly : 2017-05
Category : 議会報告
Comment : 0
Trackback : 0
New >>
政治倫理条例大詰め
<< old
政務活動費収支報告&領収証公開ほか

Comment

Post a Comment








Trackback

http://namerikawa.blog38.fc2.com/tb.php/3843-07e601b9

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村