FC2ブログ

高木えつこの「滑川市ちゃどんなとこけ?」

元・滑川市議会議員『高木悦子(高木えつこ)』が見た、滑川市の行政や滑川市議会の模様などをお伝えします。 その他、選挙制度や政治全般に関する疑問などをつづって行きたいと思います。

12月議会

20181210003107d7d.jpg 2018121000310797c.jpg
12月議会の代表質問&一般質問が明日から始まる。
残念なことに、どんな議案が市当局から議会に上程されたのか…は、滑川市民には示されていない。
唯一分かっているのは、パブリックコメントに付された「滑川市の大地と水循環を守る条例」のことだけだ。
私もパブリックコメントへ意見書を提出して、それに対する「市の考え」をホームページで読んだが、相変わらず回答は質問と噛み合っておらず、木で鼻をくくったような内容だった。
まぁ、まともに答えると条例の欠陥が明らかになるのだから、誤魔化すしかないのは承知のことだが。
今の議会では、市長の暴走を止める気はなさそうなので、富山県で滑川市が笑われるのだろう。

さて、今週は滑川市ボランティア連絡会の役員会があった。
私は参加できなかったが、八尾への視察研修会の報告があった。
その他、現会長から今期限りでの退任の意向が伝えられ、次回の役員会が大変そうだ。
20181210003140453.jpg
木曜は同朋こども園へ、餅つきのお手伝いに出掛けた。
先週末のお遊戯会には、オペレッタ「こうもり」のゲネプロなどと重なり、見ることが出来なかったのだが、平日は税理士会の役員会や研修が無ければ融通がきくので、昨年に引き続いてお手伝いへ。
お父さん、お母さん方も数多く参加されて、園児全員がお餅つき体験をして、あんこ・きなこ・ゴマの三色餅を食べた。
お父さん方が杵を振り下ろす度に「ヨイショ!」の子供たちの元気な声援が送られた。
お父さんに杵を支えてもらって、2~3人一組で餅をつく姿を写真に納めてもらうのだが、カメラよりも臼の中のお餅が気になるようで、写真を撮る先生方が苦労されていた。
最近は家庭で餅つきをするところが少なくなり、子供たちには貴重な経験となっただろう。

金曜日の昼には滑川青年会議所の歴代理事長会議へ。
今年度の理事長から事業報告を聞き、次年度理事長から所信の一端を聞く…という会なのだが、私が理事長をした頃は一席を設けて、十数名の先輩に参加をしてもらって、所信についての意見をお聞きする…という場だったのだが、いつの頃からか昼食を食べながら…と簡略化されてしまい、歴代理事長の参加も私が一番古株で若手が5人だけという状況。
開催時刻の点では現役の問題であり、出席をしないという点ではシニアに問題がある。
残念なことだ。

そして金曜日の夜は税理士会の忘年会へ。
先月末から忘年会のスケジュールは入っていたのだが、オペレッタ優先でこの冬初の忘年会だった。
この日は、他からも忘年会の誘いが複数あったのだが、生業の拠り所の税理士会の忘年会を選択。
気が付けば今年もあと3週間。
一年が早い…というのは、生活の変化が少ないからだとか…。
刺激的な年末にしなければ!(笑)
スポンサーサイト

2018年12月09日(日) | 思うこと | comment : 0 | Trackback : 0

オペレッタ「こうもり」

20181202222644fdb.jpg 201812022226406b9.jpg 20181202222642b6b.jpg
半年掛けて練習をしてきた、富山県オペラ協会第5回オペラ公演「こうもり」の本番を今日終えた。
オーバードホールで、富山県ゆかりのキャストの皆さん、富山シティフィルオーケストラの皆さん等と共に、合唱団員の一人として舞台に立たせてもらった。
ずっと呉羽の富山市民芸術創造センターで練習をしてきたのだが、今週末はオーバードホールに場所を移して、金曜日には場当たり、土曜日にはゲネプロ…と、舞台全体のスペースと本物の舞台装置で最終確認を行いながら、舞台の空いたスペースを見つけて移動したり、指揮者が確認できる場所を見つけて歌う…ということが、本番では余裕を持って出来ていた。
何より、私自身が本当に楽しんで舞台を満喫することができた。
新川文化ホールでのカルメンが初オペラだったのだが、椅子の上に座ったり立ったりプラスアルファ…だった時と比べると、まさか自分の判断で舞台を動き回って歌うようになるとは、当時は思ってもみなかった。
今回はゲスト演者によるガラコンサートも含めて3時間余りに及ぶ演目だったのだが、2年後はどんな作品が演じられるのだろう?
楽しみだ。

一方、今日は自民党滑川市連の役員会で来春の富山県議会議員選挙の公認候補のことについて話し合われたとか。
滑川市の未来のために有意義な議論がされたことを期待したい。

2018年12月02日(日) | 地域の活動 | comment : 0 | Trackback : 0

滑川市音楽協会交流会ほか

20181125191052d57.jpg
滑川市制は今年65周年。
滑川市音楽協会の歴史も65周年。
私の知らないずっと以前は五年ごとに大きな音楽会もあったらしいが、最近は滑川市音楽会が協会としての唯一の事業だった。
事務局長をさせてもらって二年目の今年、役員会で新しい取り組みを提案して、協会に所属する音楽団体同士の交流の場を持ちましょう…ということで、今日の交流会となった。
音楽会では、リハーサルや衣装の着替えなどで他の団体の演奏を聞けないので、交流会では、食事をしておしゃべりもしながら、互いの演奏を聴きあおう!…と企画をした。
伊東教育長に乾杯の発声をしていただいて、歓談の後、吹奏楽から始まって三味線、箏、琵琶、大正琴、ウクレレ、合唱…と、演奏を進めた。
通常、アルコールを伴う演奏はザワザワして音楽どころではないのだが、そこは音楽愛好家の集団なので、互いの演奏の間も集中して聴く…という素晴らしい観客であった。
一つ、大きな事業を終えてホッとしている。
20181125191052064.jpg
今日も含めて、この三連休は、本番まで一週間に迫ったオペレッタ「こうもり」の練習がびっしりだった。
今日からバレエも加わって、衣装以外は本番に近い通し稽古となった。
一つの舞台を仕上げるために、キャストやオーケストラなど表舞台に立つ人だけでなく、本当に多くの人の力が結集されていることに気付かされる。

実は、この2週間ほどは喘息症状に悩まされて、咳き込んで熟睡出来ない日が続いていたのだが、ここ数日は歌えるようになってきた。
本番はどんなことが待ち受けているか分からないが、とにかく喉だけは異常が出ずにステージに無事立てることを祈っている。
2018112519105265d.jpg
先週は、中央公民館の「暮らしの窓」のそれぞれの教室の作品展が市立図書館で開催された。
私は、市展に出した父親の絵のほかは、愛犬のあんこを描いた作品しかないので、それを展示した。
現在は、ホタルイカの身投げの絵を3つ目の作品として描いている。
201811251919050e3.jpg
さて、先週は嬉しいニュースが飛び込んできた。
北日本新聞の記者さんからも、高階哲夫を歌い継ぐ市民の会代表として取材を受けたのだが、高階哲夫氏の代表作の一つである「朝」がミャンマーの小学校の校歌になっているということだった。
過去に4回高階哲夫音楽祭を主催したのだが、「朝」も毎回演奏をしてきた。
高階氏が残した音楽が国境を越えて歌われていることは、同じ滑川市民として誇らしく思うと共に、生誕125周年には記念の高階哲夫音楽祭を企画せねば!…と、気持ちが引き締まった。

2018年11月25日(日) | 地域の活動 | comment : 0 | Trackback : 0

防災士あり音楽活動あり住民代表訴訟あり…

20181111231244808.jpg
金曜日の夜は、滑川市介護事業所防災研修会へ防災士として参加してきた。
税理士の関与先にも介護事業所があって、関与先からも理事の2人が参加されていた。
講師は防災減災アドバイザーの吉田亮一氏。
お話をうかがうのは二回目になる。
町内会の役員として防災責任者として備えられ、その後の東日本大震災の際に避難所運営に携わられた経験を中心に話をしていただき、事が起こってからではなく「事前の備え」の大切さを訴えられた。

9月議会の議会だよりで多くの議員が、7月5日の避難準備・高齢者等避難開始情報の際の避難所開設の対応に関して質問を行っていたが、滑川市の答弁は「初めての開設ということで不備な点が多々あった」と、何も備えていなかったことが露呈した。
ではその後、避難所運営に備えて何をしたのか…は、私たち防災士にすら見えない。
滑川市をあてにすることなく、どうやって自分たちの手で我が身、我が家族、我が地域を守っていくか…吉田氏の話を聞いて、ますます考えさせられた。
201811112313533c9.jpg 20181111231359e5a.jpg
今日日曜日は、高岡まで富山県オペラ協会の練習に出掛けたのだが、土曜日は市立博物館夕焼けコンサートにコール・あいで出演してきた。
前半は、コール・あいのピアニストをしていただいている小善先生主宰の翔音会によるピアノ演奏。
後半はコール・あいのコーラスであった。
今月末に滑川市音楽協会交流会があり、来月はなごみ苑のクリスマス会でのボランティア演奏と市民交流プラザでのクリスマスコンサート…と、行事は目白押しだ。
201811112316411b8.jpg
火曜日は射水ロータリークラブの例会に、卓話講師として招いていただいた。
青年会議所時代に、富山ブロック協議会で共に活動した中村会長から声を掛けていただいた。
先月末も明治大学校友会で講演させていただいたが、声を掛けていただけるのは有り難いことだ。

月曜日は、富山地方裁判所へ住民代表訴訟の口頭弁論四回目。
少しずつ論点の整理がされてきたのだと思うが、果たして今後の裁判所の判断はどうなるのだろう?
次回は来月17日だ。

2018年11月11日(日) | 地域の活動 | comment : 0 | Trackback : 0

避難所運営ゲーム(HUG)ほか

20181105002457a51.jpg201811050024587f2.jpg
日曜日の今日は朝から、滑川市の防災士研修会へ。
昨夜に引き続き富山県オペラ協会の練習と重なっていたのだが、避難所運営ゲーム(HUG)は未体験だったのでエントリーした。
参加者は10名。
二つのグループに分かれて、仮想の小学校で避難所を運営する立場になったら、どの様に対応をしていくか…ということを、かるたのようなカードをめくりながら進めていく。
真冬に地震が発生し、電気・ガス・水道・下水道などのライフラインが全て絶たれている…という設定で、次々と課題を持った避難者が集合してくる中で、避難者を運営していくリーダーとしてどの様に避難場所をエリア分けしていくか、次々と変わる状況変化にどう対応していくか…をグループのメンバーと話し合いながら決定していく。
当初2時間の予定だったが、事前に避難場所となった時に学校の体育館や教室をどの様にエリア分けするかが決まっていなかったので、避難者のカードを引く度に議論となって、結局3時間掛かった。
今回は、現役の救急救命士の防災士さんも参加されていたが、そんなプロの方でも避難者運営についてご存知ないことがあって驚かれていた。
ゲーム終了後に意見交換もしたのだが、行政サイド滑川市の対応の不備や、防災士との意見交換の場の欠落など多くの問題点が露わになった。
防災士会の執行部の方々にも、もっと危機感を持ってい要望をしてただきたいと思い、意見してきた。
20181105002500514.jpg
土曜日は、富山で税理士仲間との月に一度の勉強会をしてから、富山県オペラ協会の練習へ。
オペレッタ「こうもり」の本番まで4週間となって、オーケストラを交えてのほぼ通し稽古。
チケットは、既に指定席が完売していて、エリア別の自由席しか買えない状況になっている。
多くのお客様に楽しんでいただけるように、ベストをつくしたい。

金曜日は滑川市音楽協会の役員会で、先月の滑川市音楽会の反省と今月予定の音楽協会交流会の話し合いを行った。
事務局長なので、オペラの練習と並行して、交流会の準備にバタバタする予定だ。
201811050026164ef.jpg
木曜日の午前は滑川市制65周年式典へ。
式典の運営でどうこう…はないのだが、滑川市音楽会で突然使えないと宣告された「反響板」の使い方が唯一気になった。
スピーカーの左右に設置して、裏方のスタッフの目隠しとして使われていたのだが、反響板としては裏表が逆で、ただの目隠しパーテーション代わりに反響板が使われていたことには憤りを感じた。
20181105002517932.jpg
月末の水曜日は、滑川市が12月議会で制定しようとしている条例案に関するパブリックコメントの提出締切日だった。
火曜日の夜に、メールで6枚の意見書を送ったのだが、意見書を受理した旨の返信が無かったため、万が一「来なかったこと」にして意見書を無効扱いにされてはいけない…と思い、受理確認を求めるメールを送った。
返事が欲しい…というメールが無くても、受理したら返信するのが行政としてのマニュアルだと思うのだが…。
miyakosi.png
火曜日は、北陸税理士政治連盟として東京まで北陸選出の国会議員の皆さんの所へ、税制改正要望をしに出掛けてきた。
宮腰大臣には、本会議前の貴重な時間に、大臣室で対応をしていただいて20分ほど割いて、消費税に関することを中心に要望について説明を聞いていただいた。
内閣府や議員会館の滞在時間3時間、東京滞在時間6時間足らずでの日帰り。
改めて、北陸新幹線の効用を実感する。

2018年11月04日(日) | 地域の活動 | comment : 2 | Trackback : 0

明大校友会ほか

20181028203348419.jpg
土曜日の夕方からカナルパークホテルでALL明大デーというイベントがあった。
校友会と明大父母会との合同事業で、5年前から忘年会に代わる事業として始められた。
懇親会の前に「文化セミナー」ということで、講師依頼が私にあった。
テーマは「何かお金のことで…」というリクエストだったため、遺産分割や新しく出来た遺言書等の保管に関する法律など相続のことを話させてもらった。
同年代の父母会の皆さんには、これからの備え…ということで好評だったようだ。
20181028203409663.jpg
同じく土曜日の午前には、滑川中学校の文化祭へ。
毎年、14歳の挑戦事業で2年生を受け入れしているので、招待をしてもらっている。
美術や書道などの展示のほか、2年生は職業体験のことを新聞としてまとめていて、毎年、受け入れた生徒さんの新聞を読むのを楽しみにしている。
例年、優秀な生徒さんに来ていただけて、今年も伝えたいことがしっかりと伝わっていたことが新聞を読んで確認できたのが嬉しかった。

一方で、他の生徒さんの新聞を見ていると、受け入れ企業が幼稚園や保育園、介護施設やスーパーマーケットのほか、図書館や児童館、消防署などの公共施設ばかりで「ものづくりの町」と言いながら、それらの企業がほとんど見られないことが気になった。
市内企業では人材不足を訴えて、最近ではテレビコマーシャルで企業イメージをアップする取り組みもされているところだが、四年後には成人になる中学2年生に職業体験を通して自社をアピールすることは、将来の人材の確保に繋がるのではないだろうか?

文化祭では合唱コンクールも開催されたのだが、午後からは新川コーラスフェスティバルの運営委員会があったので、残念ながら3年生の歌声は聞けなかった。
2018102820362871f.jpg
木曜日は中町の無縁寺さんで開催された、テノール歌手・澤武紀行さんの巡礼コンサートにコール・あいで出演をしてきた。
澤武さんが幼少時に無縁寺の親寺である新湊のお寺で過ごされ、その縁で子供時代に何度も無縁寺にいらしたり、学生時代にも御堂で歌われたことがあるそうで、今回先代安寿さんの17回忌のご供養もあって、コンサートの開催となった。
出演者ではあったが、聴衆として澤武さんの歌声を楽しんできた。
20181028203756b87.jpg
火曜日は消費税の増税に伴う「軽減(複数)税率」導入について、税理士会の研修だった。
来年10月に税率を10%に引き上げると同時に、アルコール飲料をのぞく食料品と新聞は今の8%を維持するにあたっての、申告して納税する企業側の負担増の中身を中心に講師の説明を聞いた。
研修を受けるまでもなく、税理士会全体として「軽減(複数)税率」の導入には大反対をしている。

議員時代、自民党本部での研修に出かけて、党の税調会長にも直接「中小企業いじめの複数税率は問題がある」と伝えたことがある。
その認識は自民党の税調でも持っていたが「公明党の強い意向で、覆せない」というのが回答だった。
公明党では末端の地方議員も口を揃えて、食料品の税率を維持することを手柄と自慢していたが、私たち専門家にしてみれば、素人の浅はかな知恵で、中小企業企業はもちろんのこと、零細と言われる年商1000万円以下の零細企業には、将来的に企業が存続できなくなるような事態もあるのだ。

週明けに、北陸政治連盟として東京の北陸選出の国会議員の皆さんの所へ、税制改正要望へ出向くのだが、難しいのだろうなぁ。

2018年10月28日(日) | 税理士 | comment : 0 | Trackback : 0

第65回滑川市音楽会ほか

20181021193331f70.jpg
今週は両親の店の定休日を挟んで、福島と栃木へ家族旅行に行ってきた。
福島県では磐梯ゴールドラインを通って五色沼を散策。
その後、安達太良山のロープウエイで紅葉を眺め、二本松の菊人形祭りを見学。
栃木県では、那須高原のロープウエイで那須岳の茶臼岳を中腹まで登り絶景を堪能。
姉妹都市の那須塩原市は、4年毎に一度ずつ訪問してきたが、今回は両親等を案内して青木家別荘などを見て周り、お決まりの日光東照宮へも。
大谷石の地下の採石場を展示する資料館に驚嘆し、大谷寺・平和観音を拝んで1100km運転の旅を終えた。
20181021193334a59.jpg
土曜日は滑川市ボランティア連絡会の「ボランティアの集い」へ。
市議時代、午後からの社会福祉大会には毎年出席してきたが、午前中のボランティアの集いは初参加。
コール・あいがボランティア連絡会に所属しているので、出来るだけお手伝いするようにしている。
今回は、参加者に無償提供される亭茶コーナーのお抹茶を担当させてもらった。
50服ほどのお茶を立てさせてもらった。
20181021195555486.jpg
また土曜日は、RUN伴(ランとも)(認知症の人や家族、医療福祉関係者が一緒にタスキをつなぎ、日本全国を縦断するイベント)が滑川市を通過されるということで、ボランティアの集いを中断して、途中は沿道で声援を送った。
20181021193332628.jpg
そして日曜日の今日は第65回滑川市音楽会を、西地区コミュニティーホールで開催した。
滑川市音楽協会の事務局長をして2回目の音楽会は、昨年の反省を受けて、各団体の演奏と演奏の間の舞台設営時間をいかに縮めるか…で工夫をした。
裏方を手伝って下さる方が3名だけだったのを、出演団体からサポーターを出してもらって、机や椅子の出し入れ、マイクのセッティングなどをスムーズに行ったことで、昨年よりも30分ほど公演時間を短くすることが出来た。
昨年は「演奏は良いんだけど、舞台設営の時間が間延びしていた。」…との感想もいただいていたが、今回は大丈夫だったようだ。

但し、別の問題が発生していた。
今日は、市民大ホールでも文スポ主催のナゴミーズのコンサートがあった。
しかし、私たちの音楽会とは会場も違えば、開演時間も重なっていなかったので問題はないはずだった。
ところが、直前の昨日の午後になって急に文化スポーツ振興財団の職員から「西地区コミュニティーホールの反響板も市民大ホールのコンサートで使うのでありません。」という電話が掛かってきたのだ。
直前の土曜の午後にこんな電話をもらっても、何の打つ手もない。
今朝の開演前の役員会で伝えると、全員が憤りの表情を見せた。
無料で借りているならともかく、音楽協会は利用料を支払っている。

私たちの会場である西地区コミュニティーホールには、備え付けの反響板がある。
ナゴミーズの会場である市民大ホールにも、別の反響板が備品として備えられている。
大ホールで使用する分が足りないのであれば、西地区コミュニティーの物を運ぶのではなく、別途業者から借りるなどの対応をするのが筋だ。(市内の楽器店で借りることも出来る。)
少なくとも、私たちが会場を申し込んだ4ヶ月前の時点で分かっていたことなら、相談があってしかるべきだ。
音楽会の進行がスムーズだっただけに、提供する音楽の質が思いがけないアクシデントで整えられなかったことが、残念で仕方ない。

2018年10月21日(日) | 地域の活動 | comment : 0 | Trackback : 0

富山県女性防災士の集い

20181014180205884.jpg
日曜の午後、魚津では男声コーラス・ジョイフルフレンズの皆さんの定期演奏会。
富山中部高校では、昨年までコール・あいのご指導をしていただいていた浅岡先生を中心とした、中部高校OB「浅岡会」コンサート…と、体が一つでは足りなかったのだが、今日はファボーレで開催された「女性防災士の集い」参加を選んだ。
滑川市からの参加は私だけだった。
前半は、NHKで気象予報士をされている篠原正さんによる「私がこれまで体験した災害」というテーマでの講演だった。
愛媛県・東京都・宮城県…とこれまで暮らしてきた地域での、土地ならではの気象状況による災害の特色から、富山県での気象災害の傾向などを話していただいた。
201810141805190e7.jpg
後半は、5~6名のグループに分かれてワークショップを行った。
同じ防災士といっても、なろうと思った背景も違うし、生活環境も異なるので「防災」に関するアンテナも違う。
それぞれの経験や意識、活動の手法や取り組みたいことも違うので、意見交換の時間が楽しかった。
誰もが共感出来たのは、防災に対する自治体の取組が見えないことと、地域の町内会長さんなどのトップの頭の固さや危機感の希薄さ。
避難所運営などで弱者となるであろう、高齢者や子供たちのことを配慮した対策を事前に織り込むには女性の知恵が不可欠なはずなのだが、防災士の皆さんでさえ発言する機会が無いようだ。

内閣府からも、今年の大規模災害の度に自治体に対して女性の声を反映するように通達を出しているそうだが…富山県は県民だけでなく自治体職員も平和ボケならぬ無災害ボケしているようだ。

また、水曜日には滑川商工会議所の観光振興委員会に参加をしてきた。
委員会前にクルーズ船「キラリン」に試乗して…とのことだったが、私は過去に二度乗船しているので、委員会からの参加をした。
委員会の議題は平成31年度の滑川市一般会計への要望を取りまとめよう…というものだ。
ほたるいか観光船のこと、ダイビングスポットのこと、タラソピアのこと、Wi-Fi整備のこと、SNSなどネットによる観光情報発信のことなどを話し合った。
委員会でも、わずか200名ほどの常連さん(内、半数は市外の方)のために年間5000万円ほどの滑川市民の税金の使われ方について、ダイビングスポットの整備やホタルイカミュージアムのコンテンツの充実など、もっと有効な使い道があるのではないか…などの意見が出された。
ただ「あの市長のことやから、怒らせんようにどう書くかが問題や…」と、苦笑いの話にも。

防災も観光も…滑川の行政課題は多い。

2018年10月14日(日) | 地域の活動 | comment : 2 | Trackback : 0

サブメニュー

プロフィール

高木悦子(たかぎえつこ)

Author:高木悦子(たかぎえつこ)
平成17年11月28日~平成29年11月27日まで、3期12年間滑川市議会議員を勤めました。
職業は税理士・行政書士。
富山中部高校普通科・明治大学商学部卒業。
現在、滑川商工会議所議員、富山県税理士協同組合副理事長、滑川市音楽協会事務局長、合唱団「コール・あい」代表などを勤めています。
防災士一年生です。
53歳になりました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村