高木えつこの「滑川市議会ちゃどんなとこけ?」

滑川市議会議員『高木悦子(高木えつこ)』が見た、滑川市の行政や滑川市議会の模様などをお伝えします。 その他、選挙制度や政治全般に関する疑問などをつづって行きたいと思います。

賀詞交歓会ほか

20170118001311c28.jpg
今日の午後は金沢市内のホテルで税理士協同組合の理事会や賀詞交歓会があるため、今年初のまとまった雪の後で、「車にしようか、電車にしようか…」と悩んでいたら、理事会開始時刻に間に合う電車に乗れず…。
新幹線では丁度良い乗り継ぎが無くて、あいの風の各駅停車を利用しなければならなかったのだが、時刻表を読み間違えていて三分遅れで乗れなかった。
そこで、選択の余地無く車で金沢へ。
心配していたが、高速道路の路面は乾いていて、極めてスムーズに到着出来た。

理事会では決算予測が示され、予算に対して好調な収益が見込めるようで、先ずは良かった。
更なる収益獲得策について審議され、また富山県から推薦の団体に文化振興助成金の支給が無事に決まり、予定通りの時間で理事会は閉会。
続いてが、北陸税理士会と北陸税理士協同組合連合会、北陸税理士政治連盟合同の賀詞交歓会。
北陸三県の国会議員、金融機関や報道、勿論税務関係団体、保険会社各社の幹部など来賓と、税理士の役員など250名程が一堂に会して行われた。
1月は新年会や賀詞交歓会、新年総会が多数あり、今夜も商工会議所女性会の新年会と重なっていてそちらは欠席だった。
今週は青年会議所の新年総会もあり、月末の町内の新年総会が1月の仕上げだ。
税理士業も、議会の視察なども今月は立て込んでいるため、毎日、翌日のスケジュールを確認して1日の中で仕事が出来る時間を見つけるのに苦労をする。
頑張らねば…
スポンサーサイト

2017年01月17日(火) | 税理士 | comment : 0 | Trackback : 0

じわじわ・・・と

現在、1月17日午前0時40分。
事務所のパソコンに向かって、仕事中・・・。
主に年末調整絡みの仕事(給与支払い報告書の電子申告)を日中片付けて、事務所を閉めてから来客があり7時頃に一旦片付けて、夕食を取ってから、急きょ明日の午前までに片付けなければならない仕事があって、その後せっせ・・・と。
とりあえず形にはなったので今夜はそろそろ切りを付けて、明日に備えなければ・・・。

じわじわ・・・と、確定申告に向けて夜なべ生活が出てくるこの頃となった。
2時半にはベッドにもぐりこめるだろうか?

2017年01月16日(月) | 税理士 | comment : 0 | Trackback : 0

電気ビルのダブルヘッダー

20170114233344e69.jpg201701142333415cb.jpg
1月は賀詞交歓会や新年会、新年総会などが続く。
今日は午前11時から「自民党富山県連女性部の初顔合わせ」午後3時から「石井たかかず女性後援会新春の集い」の二つの行事参加があった。
いずれも来賓以外は女性だけの参加者で、昨年秋の選挙で石井知事と自民党富山県連は政策協定を結び選挙も自民党が中心となったこともあり、参加者の何割かは重複する。
しかも、会場はいずれも富山電気ビルの五階とあって、二時間弱のインターバルを挟んで同じ空間にいることとなった。

自民党の初顔合わせでは、富山県の選挙区選出の宮腰代議士、橘代議士、田畑代議士、野上参議員、堂故参議員、富山県出身の全国区山田参議員と、6名の国会議員の皆さんが勢揃いで新春年頭の挨拶をいただいた。
野上参議院は現在、官房副長官として安倍総理の一番近くで国政の最先端で活躍中だが、今日は改めて、それぞれの国会議員の皆さんが、文部科学、厚生労働、農林水産、総務…と異なる分野で活躍されていることを知る機会となった。

また石井知事からは、北陸新幹線の大阪までの延伸の展望を中心に、若い世代のUターンと富山県への移住のことなど4期目の県政にかける思いをお聞きすることが出来た。

2つの新年行事の合間は、富山県教育文化会館で税理士仲間有志との勉強会に顔を出してきた。
顔を出して年度代わりの引継の話を聞いただけで、肝心の勉強の部分は参加できず…。
明日も、新年会やオペラ協会の練習であちこちへ。
冷え込んでいるので、凍結などにより事故がありませんように…。

2017年01月14日(土) | 選挙 | comment : 0 | Trackback : 0

コールあい練習始め

大雪が降るぞ~!…と天気予報は伝えているのに、寒波は新潟県止まりで今日も雨模様の1日。
週末がセンター試験の日程だけに、その日が除雪車初出動…という混乱の土日にならなければ良いなぁと思いながら、富山市のホテルへ向かった。
今日は税理士協同組合の委員会や理事会、業務推進懇談会と三つの会議でホテルに缶詰めだった。
今日は何かとストレスのたまることがあって、イライラのまま就寝すると良くない眠りになりそうだったのだが、今夜はコールあいの初練習日。
2017011300013521a.jpg
年末年始があり、クリスマスコンサートの後からお休みになっていたため、滑川中学校の音楽室での練習は4週間ぶり。
年末に退団者もあって寂しくなっていたが、今日から新しい団員も加わって、新しい楽曲の練習が始まった。
歌えばストレスも吹き飛んで、今夜もぐっすりと眠れそうだ。

コールあいでは、絶賛団員募集中です。
毎週木曜日7時からの練習見学に気軽にいらして下さい。
お待ちしております。

2017年01月12日(木) | 地域の活動 | comment : 0 | Trackback : 0

視察の質問事項など

20170112001507f98.jpg 20170112001509af7.jpg
12月議会で、中滑川駅前跡地の活用法として、国土交通省の補助金を入れた複合型の文化ホール建設の提案を行った。
その際、想定される文化ホールのキャパシティとして、600名程度の客席のもので尚且つ多目的に利用できるもの…として、議場で紹介をしたのがホームページで情報を取得した八丈町の多目的ホール「おじゃれ」だった。

滑川市の西地区コミュニティーホールの座席も可動式のものだが、八丈町では最新式の可動式座席を用いて、本格的な文化ホールとしても、椅子を撤去して祭りなどのイベント会場や、万が一の際の避難所としても利用できる多目的ホールを町役場庁舎と併設して作られた。
この建物は2015年度のグッドデザイン賞も受賞した施設で、座席数は462席と若干規模は小さいのだが、会派で実物を視察して見てみよう…となって、行くことになった。
その他、国土交通省の補助金を受けて商業施設と文化ホールや多目的ホールとの複合施設を作った川越市の事例も合わせて視察することになった。
相手方のアポイントは議会事務局で取ってもらったのだが、ホテルや飛行機、新幹線、レンタカーなどの移動手段の手配はしなければならない。(会派のツアーコンダクタをしているので、慣れたもの…)

また、当然のことながら単に建物を見学するのが視察ではなくて、役所の担当者から予算のことや中心市街地活性化の中での位置付けなど、どんなことを教えてもらいたいのか事前に伝えて、当日意義のある質疑をしてこなければならないので、その質問事項も考えなければならない。
今日は、年末調整の仕事や来客の合間にその質問事項を考えて文書にする作業をした。
川越市は種々の資料をほとんどホームページ上でPDFで公開されていて、それを幾つも開きながら質問を作り、逆に八丈町は議会の会議録も無くて(逆にYouTubeでの議会録画放送はされていた。)、財政的なことは決算カードから、多目的ホール建設に絡む設計士事務所やグッドデザイン賞受賞のホームページから情報を得て質問を作った。
現地に伺わないと分からないことだらけだ。
だから、
現地に足を運ぶ意義がある。

2017年01月11日(水) | 研修 | comment : 0 | Trackback : 0

「議会改革」と付けば取材

今朝は9時から、市当局要請による総務文教委員会からスタート。
市立図書館の空調機(設置から37年経過したもの)が先月末に、経年劣化によって故障して発煙・消火という事態が発生し、図書館全体の空調機を更新するための工事(見積3500万円)について、議会の決議を経ない「専決処分」で実施したいとのことで、委員会に対して説明があった。
図書館は、昨年第一期の大規模改修を行い、現在第二期改修中という中で起きた発煙騒ぎ。
当然のことながら「何故、大規模改修に合わせて耐用年数を2.5倍の年月を経過した空調機を更新しようという結論にならなかったのか?」…という疑問がわいた。
質問すると答弁は「まだ使えるモノを新しくすることに税金を使うという考えが無い。
壊れるまでそのまま使おう…という風土が滑川市役所にある。」とのこと。
更に続けて言われたのが「民間なら必要経費になるから壊れる前に更新することもあると思うが…」とのこと。
その認識の間違いにただ呆れた。

今回は発煙で済んだが、仮に発火して火災に至っていたら、今日のように笑って答弁できただろうか?
その他「漏電遮断機は付いているものだと思い込んでいた。」とのことだが、昨年8月に空調機が漏電で発煙したこともあって、建設から37年目のその時に初めて漏電遮断機を設置したとのことだ。
漏電遮断機の不設置や、空調機などの設備を壊れるまで放置する(定期点検はしていたとのことだが、耐用年数をはるかに超えた設備の更新を考えてこなかった)など、市の他の建物でも同様のことをしていないか、様々なチェックについて議会への報告を求めた。
20170110235440077.jpg
総務文教委員会の後は全員協議会。
全員協議会の後は議会改革検討特別委員会だったのだが、新聞に加えてテレビカメラの取材。
富山市議会などの政務活動費問題以降、「議会改革」と名前が付くとマスコミは「政務活動費」と絡めて、これまでは来たこともない取材に入る。

今日も委員会開会前の雑談中に「政治倫理条例制定に向けて協議中」と話していたら「政務活動費のことも入るんですか?」との質問。
マスコミではまだ政務活動費のレベルのことしか照準にないことが残念だが、それでも一時間あまりの委員会の内、20分ほどは取材をしていって、議員の親族企業の市からの請負制限について放送されるに至ったことは、結果オーライと言える。

私の会派は、親族企業に一定の請負制限を設けるべき…と一貫して主張しているが、否定的な議員が多数を占めている。
ただ、今日の議論の中で、どんなケースが政治倫理に抵触するのか…の認識に個人差があることが分かり、土台となる前提について共通認識を形成するところから始めよう…となった。
次回はまた1ヶ月後だ。
今年11月が改選時期であり、9月議会までの条例制定がタイムリミット。
過去に二度否決で実現しなかった倫理条例を三度目の正直で、今度こそ成立させたい。

2017年01月10日(火) | 議会報告 | comment : 0 | Trackback : 0

成人式のことは書かないの?

20170110003744724.jpg
昨日、滑川市の成人式だったのだが、昨日は町内会や町内会の班単位の新年会4件に参加したことなどもあり、ブログを夜に書くことをサボっていたら、今日になって愛読者の方(成人式に来賓で参加されていた方)から「今日、読もうと思っていたのに書いてなかった…」と言われてしまった。
今年の成人式に参加していた新成人は昨年と同様に、とても規律正しい皆さんで(過去には、式辞中に野次を飛ばすなど、穏やかではないこともあった)スマホをいじっている姿も、私の視界には入らず、代表の成人の誓いの言葉も素晴らしかった。

さて、愛読者の方が読みたかったのは、恐らく21分48秒に及んだ市長の挨拶のことだと思うので、それから書きたい。
私の隣に座っていた議員も時計を見ながら何分話すか…を注目されていたが、去年に引き続き今年も20分超えだった。
最初は予定されていた奉書の挨拶文を読んでいたのだが、それも最初の2分だけ。
始まったのは、新成人への餞の言葉でも、激励の言葉でも、成人としての心得を訓示するものでもなく…延々と市長の個人演説会だった。
話の半分は先日の賀詞交歓会の挨拶と同じ。
新成人として参加されていた知り合いのお子さんによると「次の選挙で投票でもしてもらおうと思ってるのかね?」…と、あとで話をされていたそうだ。
また当日お世話係で参加されていた知人は、忍耐という試練を新成人に市長が与えてくれた…とも。

人間、普通に他人の話を聞いて記憶に残せるには3つが限界とも言われる。
県外在住の新成人に滑川市のアピールをしたいのであれば、ただ長いだけの挨拶ではなく、予定通り5分で挨拶は終えて、別途15分間の滑川市をアピールする動画でも作って会場で流した方が良いのではないだろうか?
百聞は一見にしかず。
20分聞き取りにくい、伝えたいことが伝わらない話を聞かされるより、視覚に訴えた方が成果は上がるはずだ。
20170110003825087.jpg
昨日の朝は、武道稽古初めにも出席してきた。
いつも思うのだが、背筋がピンと伸びて正座をして始まる開会式は、新年の清々しさを一番感じさせてもらえる。
続いて、柔道の形の演舞を見せていただいたのだが、受け身をされる側の選手の動きにばかり目が行った。
美しいなぁと感じた。
20170110003828342.jpg
今日は、滑川市民交流プラザで、宮腰光寛代議士、野上浩太郎官房副長官、堂故茂参議員のそれぞれの後援会と自民党滑川市連共催の新春を寿ぐ会が行われた。
多忙極まる中、それぞれ国政のことをお話していただき、各テーブルに回って参加者の皆さんと親しく話していただいた。
さて、明日は朝から委員会や全員協議会が三連続である。
議会だよりの原稿締切も明後日。
頑張らねば!

2017年01月09日(月) | 地域の活動 | comment : 0 | Trackback : 0

消防出初式

20170108095730a9d.jpg2017010809573383f.jpg
議員として見学させていただいた12回目の消防出初式の中で、今年は最高の晴天に恵まれた。
本来であれば雪に覆われていて当然の季節なのだが、空には雲一つ無く立山連邦は美しく稜線を見せていた。
梯子登りでは、4人の消防団員の皆さんが何度も練習を重ねられた技を次々と披露された。
毎年思うのだが、折角の素晴らしい技を見学される人が少ないことだ。
団員のご家族の方を中心にお子さん連れの姿も見られるのだが、足元の良い晴天であっただけに、もっと多くの方に見ていただきたいと思った。
ケーブルテレビでも放送されるが、梯子の上での緊張感はその場にいなければ伝わらないものだと思う。

続く観閲や行進では、消防車両が一堂に会していて、保育園児はきらきらした目で見つめていた。
ただ、出初式後の分団の慰労会で団員の方から伺った話では、富山市の出初式では消防署員が滑川市のような式服ではなく、防火服や耐熱服さらには酸素ボンベを背負うなど消防の装備を市民の皆さんに見せる機会にされているということだった。
滑川市でも折角の機会なのだから、消防署員にはそういう工夫が出来ないですかね?…という提案をいただいた。
他にも、女性消防団のこと、高校生の防災活動のことなど様々な話を聞かせていただくことが出来た。

2017年01月07日(土) | 地域の活動 | comment : 0 | Trackback : 0

サブメニュー

プロフィール

高木悦子(たかぎえつこ)

Author:高木悦子(たかぎえつこ)
滑川市議会議員3期目(平成21年11月28日~)
総務文教委員会委員(常任委員会)
産業建設委員会委員(常任委員会)
議会改革検討特別委員会委員
職業は税理士・行政書士。
富山中部高校普通科・明治大学商学部卒業。
51歳になりました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村