高木えつこの「滑川市ちゃどんなとこけ?」

元・滑川市議会議員『高木悦子(高木えつこ)』が見た、滑川市の行政や滑川市議会の模様などをお伝えします。 その他、選挙制度や政治全般に関する疑問などをつづって行きたいと思います。

市議会同友会と油絵教室

四年に一度、市議会議員選挙の翌年に議員のOBと現職との懇親会「滑川市議会同友会」が開催されている。
過去3回は現職で、今回は初のOBとして参加してきた。
OBが12名、現職14名、議会事務局4名に副市長と教育長が加わって、レストラン光彩で開催された。
私はOB1期目なので、現職の1期目と2期目の皆さんと同じテーブルだった。
2期目の2名とは4年間一緒に議会活動をしてきたし、1期目の議員3名の内2名はとても良く知っているし、残り1名も色々と有名な方なので、全員初めましての挨拶不要で乾杯後の懇談となった。
乾杯をされた石坂先輩(私の祖父が議員時代に新人で当選された。)が話されていたのだが、当時はこの同友会はなく、石坂先輩が議長の頃に立ち上げられたのだそうだ。
それにしても、石坂先輩もだが、お元気な先輩方が多い。

今夜は油絵教室の日だったので、開宴から85分、デザートが出されたところで、中締めの万歳を待たずに途中で失礼をしてきた。
20180620222833d16.jpg
4月から通い始めた油絵教室。
スケッチブックのデッサンから始まって、キャンバスに下絵を描いて、油絵の具で下塗り本塗り…と描き重ねて2ヶ月半。
F8号のキャンバスに描いたあんこの絵が、取り敢えず完成した。
左右の後ろ足のバランスと尻尾との前後関係に、水野先生がアドバイスをいただいて、後ろ足を描き直した。
描き直しができるのが、水彩画と違うところで面白い。
次回の教室まで2週間あるので、次作について水野先生に相談して、今日の油絵教室はおしまい。
次はもう少し大きなキャンバスで描くことになった。
スポンサーサイト

2018年06月20日(水) | 議会の裏側 | comment : 0 | Trackback : 0

びっしり!

201806182250335f5.jpeg
一週間のスケジュールを見ると、生業の税理士業以外のことも毎日何かある…という状態になっている。
一番多いのは、やはりコーラス関連のもの。
来週6月24日に新川文化ホールで行われる新川コーラスフェスティバルに、今年もコール・あいとして出演する。
今年、新しく指導者にお迎えした宮丸先生の下、レット・イット・ゴー、ホール・ニュー・ワールド、オー・ハッピー・デイの3曲を歌う練習を毎週木曜日に重ねている。
更に、新川コーラスフェスティバル出演団体全員200名で歌う合同合唱の練習もあり、昨日の午後は新川文化ホールのステージ上で練習をしてきた。
今年は大伴家持生誕1300年記念で万葉集からピックアップした「立山の」というオリジナル曲を歌う。
11の団体が出演する楽しい舞台なので、お時間のある方は是非!

大伴家持…ということでは、9月に県民会館で上演される千住明さんのオペラ「万葉集」と合唱組曲にも出演するための練習が、ほぼ毎週日曜毎にあって、昨日は午前中が富山市の芸術創造センター、午後が新川文化ホール…と、音楽漬けだった。
20180618225315a9d.jpg
水曜日には、今年花見に行かなかった事務所の遠足で、岐阜県の関市と郡上市へ。
通称「モネの池」と呼ばれる、湧き水の睡蓮の池とあじさいロードを見て、郡上市で郡上八幡城や郡上踊りの実演を見てきた。
遠足から戻った足で、東地区公民館の油絵教室に行って、絵を描きこんできた。
明後日には初作品を仕上げられそうだ。

金曜日は今の市議会の状況を聞きながら夕食を囲み、土曜日はTACTの会で集まって女性の目に映る今の滑川市政について話し合った。
勿論、裁判のことも報告をして、今後のことについて話をした。

そして今夜は、久し振りでお茶を習いに行ってきた。
小学生から習い始めて大学進学前まで、そして東京から戻ってきてからしばらく通っていたのだが、近年はふれあい茶会のときに、お手伝いするだけだった。
以前、一緒にお茶を習っていて方が再開されるに当たって「連れが欲しい」ということになり、私に白羽の矢が立って今日からまた始めることになった。
久し振りでも体が覚えていることなので、一度練習すると二回目はほぼミスなくできる。
月に二度だが、精神統一・気分転換に良いだろう。
しかし、御抹茶を二服も戴いてきたので、カフェインで今夜は寝付きが悪そうだ。

2018年06月18日(月) | 私って・・・ | comment : 0 | Trackback : 0

新聞で気付く市議会

20180612232329bb1.jpg
富山県議会や富山市議会と違って、滑川市議会の開会についてはテレビが報じることは極めて少ない。
テレビカメラが滑川市議会の議場に入るのは、市の提案する議題に市議会が反対しそうだ…という時くらいのものだ。
なので、新聞を見て「あぁ6月議会が始まったのか。」「あ!昨日は代表質問があったんだ。」…と気付く。
ただ私の場合、ホームページを見ると質問項目が掲載されていることを「知っている」ので、誰がどんなことを質問したのやら…と見に行く。
大半の「知らない」市民の方は、新聞が報じたことがほぼすべてだ。
ケーブルテレビの視聴率は1%あるのかな?

それでも今日のとある会合では「中滑川駅前って公園になることになったの?」…という話題が出た。
「えっ?公園?!あんな所に公園作ってどうするが?」
「公園ばっかり作ってない?」
「行田公園も広くするがやろ?」
「町の造園屋の仕事増やすためやろ?」
「スーパーが欲しいって要望が一番多いがじゃなかったん?」
…と、東地区・西地区の住民率9割超の会合では、公園にネガティブな意見が続出となる。

ホームページの質問項目を見ると、市当局がどう答弁したんだろう…と気になる質問もあるのだが、質疑の内新聞に載るのは10分の1以下なので、あとは会議録が公開されるか、YouTubeに動画が公開されるのを待つしかない。

あと肝心の6月議会でどんな議案が審議されているのか、その議案が公開されていない。
滑川市議会の議会改革度が向上したようだが、まだまだだ。

2018年06月12日(火) | 思うこと | comment : 0 | Trackback : 0

県展鑑賞

今年4月から月に三回、水曜日は東地区公民館での油絵教室へ通い始めた。
「他の人の描くのを見るのも勉強ですよ。」…ということで、先月末に県展に出展予定の上田さんの作品を水野先生を筆頭にみんなで囲んでいた。
「ビニール傘の影があった方が…」など、皆さんは意見を述べられていた。
その作品が、先週末に開幕した県展で、見事に洋画部門の「県展大賞」を受賞された。

今週の油絵教室では、水野先生から上田さんに花束が贈呈され、実行委員会をされていたので県展の裏話も聞かせてもらった。
展示最終日の金曜日に、富山市内の関与先に行った後県民会館へ寄って県展を鑑賞してきた。
20180609233223233.jpg
洋画・日本画・書・写真・彫刻・工芸といった様々なジャンルの作品を一堂に楽しめる。
内部は撮影禁止なので、写真は表だけ…。
これまでも、日展や県展は何度も見てきたが、実は洋画よりも日本画の方が私の好みには合っている。
今回も日本画の方がやっぱり好きな作品が多かった。
それでも、油絵教室に通い始めて油絵の見方が少し変わった気がする。
自分の絵を仕上げると、また見方が変わるのだろう。

明日は、町内会による行田公園の除草掃除に参加をして、午後からはオペラ「万葉集」の練習へ。
充実した毎日だ。

2018年06月09日(土) | 未分類 | comment : 0 | Trackback : 0

滑川市議会の政務活動費

20180607001253518.jpg
先月末に滑川市議会のホームページに、平成29年度の政務活動費の報告書がアップされていた。
29年度から収支報告書と領収書の写しに加えて、視察などに関する報告書(?)も公表されるようになっていた。
手前味噌だが、私自身は公けのお金を使わせてもらった視察に行ったからには、何を学び滑川市に生かせることは何だと考えたか、今後の議会質問などにどう反映させていくか…という視点の報告書をA4用紙数ページのものだが、提出をしてきた。(ホームページで公表される前から提出していた。)
今夜、改選後の議員の政務活動費に関する報告を見てみた。
複数の会派や議員が同じコースで九州の視察に出掛けていたのだが、当然のことながら視察報告の内容はまちまちだった。
視察先に対して、事前に提出した質問項目をもって視察報告としているところもあれば、視察先で配布された資料のコピーをそのまま出している議員あれば、視察の行程表だけで報告らしきものが見当たらない議員もあった。

もう議員ではないので一市民として発言するのだが、市民の税金から支払われる政務活動費を使って何を調査してきたかだけでなく、それが滑川市の政策にどのように反映させたいと議員自身がどの様に考えたのか…は示してもらいたいと思う。
政策が実現するかどうかは市長の判断で、議員が提案をしても採り上げられないことが多いが、議員の考え方を市民に示す手段の一つが、この報告書なのではないか…と私は思う。

中には4ヶ月余りの議員活動で、新聞代だけ請求している議員もあった。
ある議員は、意図があってか一円も支出をしていなかった。

滑川市議会は本会議はケーブルテレビやYouTubeで質疑の模様が見られるが、議員だった身からすると、議員の力量が顕著に分かるのは委員会での質疑の方だ。
生で傍聴しない限り委員会は見られないとなれば、政務活動費の報告書も議員の資質を見極める貴重なツールだと思う。

2018年06月06日(水) | 議会報告 | comment : 0 | Trackback : 0

今週を振り返って…

月曜日に富山地方裁判所へ住民訴訟の第1回口頭弁論に出向き、火曜日はさらしや町内会の班長会へ。
6月13日の八坂社の祭礼に向けて、昨年からふるさとセンターのどんどん焼きの無料券や割引券を各戸配布する準備などを行った。
私が子どもの頃は、神社の境内から溢れるほど露店が出店していたが、今では一軒も来ず、総代さんが依頼をしてどんどん焼き屋台を出店してもらうようになった。
初めての昨年は、予想以上の来店があったようだ。
今年も祭りの賑わいにつながるだろう。

木曜日は第5だったので、コール・あいの練習は休みで、それに代わって役員会を行った。
来月の新川コーラスフェスティバルのことや、このあとの県民芸術文化祭のこと、滑川市音楽会のことや、来年の合同コンサートのことなどを話し合った。
今年は、介護施設や町内会のふれあいサロンでのボランティア演奏も含めて、演奏機会が例年よりも多く、話し合いを必要とすることも多い。
2018060321075521a.jpg
金曜は富山県議会の会議室へ。
「学習や学校生活に困難を抱える子どもの課題解決のためのワーキンググループ」の研修会で、議員時代から参加させてもらっていて、今回も参加させてもらった。
今回は琉球大学のハン教授が講師で「インチャイルドレコード」の話だった。
インチャイルド(N-Child)とは、Inclusive Needs Child(包括的教育を必要とする子)のことで、発達の遅れ、知的な遅れ又はそれらによらない身体面情緒面のニーズ、家庭環境などを要因として、専門家を含めたチームによる包括的教育を必要とする子どものことを指すそうで、インチャイルドレコード(record)は、教育現場の先生方が専門的知識を持たなくともインチャイルドに適切な教育が行えるように子供の実態を把握するためのツールということだ。
理想は、発達障害を含めてインチャイルドの為の専門的知識を身に付けた者が教育の現場に多数存在すれば良いのだが、日本の教職課程の履修単位は極わずかで、現場で対応できるレベルの知識を満たすものではない。
そこで、子どもの現状を記録することで、自閉症スペクトラム、ADHD、学習障害などの子どもの実態把握を容易に出来るツールの必要性があるとハン教授は考えられて、インチャイルドレコードを作成されたということだ。
幼児期、小中学校期など、子どもたちの成長過程に即したものの開発を進められているということだった。
2018060321080115e.jpg
土曜日は、旧宮崎酒造で催された錦心流薩摩琵琶の演奏会へ。
今年は中川原町内会の詩吟の会の皆さんもゲスト参加されていた。
「姫百合の塔」という大東亜戦争末期の沖縄の地上戦の語りや、「耳無し芳一」という琵琶の定番を聞いたところで、途中で失礼をしてきた。
というのも、月に一度の税理士仲間との勉強会が富山であって、それに参加するためだ。
税理士仲間との勉強会には2つ加入しているのだが、25年間ほぼ同じメンバーで続いているものだ。
今回のテーマは、相当の地代と借地権についてだった。
20180603210824d2b.jpg
水曜日は絵画教室の日なのだが、絵画教室は月三回なので今週はお休み。
スケッチブックからキャンバスにデッサンを写して、先月から油絵の具で描き始めていたので、水曜日の夜は自宅で描き進めることにした。
集中して黙々と描く時間は本当に楽しい。
次の水曜日の教室が待ち遠しい。

2018年06月03日(日) | 未分類 | comment : 0 | Trackback : 0

人生初の裁判所…ほか

201805292252328f2.jpg
27日の月曜は富山地方裁判所へ。
建物を外から見たことはあったが、建物の中に入るのは初めて。
テレビで見たことのある第二法廷へ。
タラソピアの改修工事について、指示をした上田市長に対する損害賠償を求める住民訴訟の第1回口頭弁論だった。
被告側の滑川市は争う趣旨の答弁書を提出して出席はしなかった。
こちらの主張は訴状に書いたとおり…ということで、ちゃっちゃと五分ほどで終了した。
具体的な弁論は8月6日予定の第2回口頭弁論で…となる。
それまでに滑川市側は、こちらの訴状の内容に対する反論材料を揃えてくるのだろう。
20180529225354627.jpg 201805292253500c7.jpg
土曜日は、午前中に自民党富山県連女性部大会がタワー111であり、午後からは自民党富山県連の定期大会がオーバードホールで開催されたので参加してきた。
議員としてではなく、一党員として参加したのは初のことだ。
来年の参議院議員選挙での党公認の堂故氏の必勝を期して特別決議がされた。
20180529225352583.jpg 2018052922535228c.jpg
二つの大会の間には、青年局主催の公募提案型政策コンテストが開催された。
事前の書類選考を経た5件の政策がプレゼンされた。
聞いていて、最優秀も優秀賞もすぐに分かった。
5件の「提案」は、どれも間違ったものではないのだが、「アイデア」なのか「政策」なのか…の間には大きな隔たりがある。
最優秀の自治会での地域食堂という提案は間違いなく「政策」だった。
大学生ということで、将来政治の道に進んでくれるだろうか…と期待する。

日曜日は、9月に県民会館大ホールでのオペラ「万葉集」の練習へ。
正しく歌えば美しい音楽なのだが…美しい音楽にするのが難しい。
9月は富山県の県民芸術祭の新川文化ホールの舞台も、コール・あいで控えているし、2月はオペラ協会の舞台がオーバードホールである。
ちゃんと出来るのだろうか?

2018年05月29日(火) | 思うこと | comment : 0 | Trackback : 0

住民訴訟その後

裁判
4月6日に上田昌孝滑川市長を被告として、富山地方裁判所に提訴した住民訴訟について、5月12日に上記の「答弁書」が被告側から提出された。
当然のことながら争うということとなった。
第1回目の弁論期日が5月28日の午前10時半からとなった。
弁護士さんによれば、滑川市からの出頭は無く弁護士さんが答弁書の内容を発言するに留まるらしい。
2回目は、8月6日の午前11時からとのこと。
死ぬまでの間に、そうそう裁判の当事者になることも無いので、私自身は原告として裁判所に出席してみたいと思う。
yoshimi.jpg
さて、昨日の木曜日は、コール・あいでボランティア演奏へ…。
吉見病院で介護を受けられている方の誕生会のアトラクションとして、2回目の出演依頼をちょうだいした。
誕生祝いの利用者さんは昭和生まれの方もあるが、大正生まれの方も2名含まれていて、お祝いのカードとレイをスタッフの方から受け取られていた。

コール・あいには合唱と、利用者さんの皆さんと共に出来る「手遊び」を織り込んだもので30分のアトラクションを…というご要望をいただいていたので、岩河三郎氏編曲の童謡曲を3曲歌った後、春から初夏にかけての唱歌の歌詞を太平紙(ガンピ・標準語では模造紙)に書いたものをホワイトボードに貼って、利用者さんやスタッフの皆さんと一緒に斉唱をした。
また、手遊びとして「むすんでひらいて」と「幸せなら手をたたこう」の2曲をさせてもらった。
利用者の方には片手が思うように動かせなかったり、皆さん車いすや介助ベッドの上…ということで足も動かせない方が多いので、「幸せなら足ならそう」の部分では、手のひらで膝を叩いてもらうなど工夫をして、手遊びをさせてもらった。
両手が動かせる方は手拍子もされるが、ベッドの上で片手だけでも一生懸命に歌に合わせて動かしていらっしゃるお父さんの姿には、こちらが感動を覚える。
懐かしい童謡や唱歌なので、昔取った杵柄で全曲を一緒に歌って下さるお母さんもいらっしゃった。
最後に「ふるさと」を斉唱するのだが、歌いながら顔をくしゃくしゃにして泣いてしまわれるお母さんも…。
これまでにも「ふるさと」を歌ってきたが、この曲の持つ人の心を揺さぶる力というのはすごいと改めて感じた。

水曜日は、東地区公民館の油絵教室へ。
デッサンから始まって、キャンバスに下絵を写して、いよいよ油絵具を使い始め、5回目の今回は上塗りを重ねていく作業で、徐々に絵の姿が見えてきた。
来月中には仕上げられるだろうか…。

今月は、3月決算法人の申告月で、他の月と比較すると法人の申告件数がいくらか多い。
私の事務所の関与先の多くは、私が関与するようになってから法人化したところが多いので、比較的決算時期は各月似たような件数になっているので、他の税理士事務所に比べれば突出して大変な月ではないのだが、それでもNPO法人などはお役所との絡みもあって3月決算を選んでいるなど、3月決算の件数は多い。
ということで、先週から今週にかけては税理士業でバタバタとしてきた。
法人の申告書は完成をして、あとは説明と署名押印の何社か残すのみとなった。
プラスして、個人事業者で消費税を3ヶ月毎に申告することを選択している事業者の申告書作成が残っているのだが…。
取りあえず、今月も無事に乗り切れそうでホッとしている。

2018年05月25日(金) | 何か変? | comment : 0 | Trackback : 0

サブメニュー

プロフィール

高木悦子(たかぎえつこ)

Author:高木悦子(たかぎえつこ)
平成17年11月28日~平成29年11月27日まで、3期12年間滑川市議会議員を勤めました。
職業は税理士・行政書士。
富山中部高校普通科・明治大学商学部卒業。
現在、滑川商工会議所議員、富山県税理士協同組合副理事長、滑川市音楽協会事務局長、合唱団「コール・あい」代表などを勤めています。
52歳になりました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村