FC2ブログ

高木えつこの「滑川市ちゃどんなとこけ?」

元・滑川市議会議員『高木悦子(高木えつこ)』が見た、滑川市の行政や滑川市議会の模様などをお伝えします。 その他、選挙制度や政治全般に関する疑問などをつづって行きたいと思います。

大門良輔後援会事務所開きほか

201902172152280bd.jpg
昨年末に自民党滑川市連の役員会で、今年4月の統一地方選挙「富山県議会議員選挙」で滑川市の自民党公認候補として擁立することが決定し、昨日の自民党富山県連支部長・幹事長会議において公認証書が授与された大門良輔候補予定者の後援会事務所開きが、今朝行われた。
旧アルプス農協西加積支店に設置された後援会事務所には、雪が舞う中、地元の西地区の皆さんを中心に、滑川市内の全地区から支援者の皆さんが大勢集まってくださった。
事前に準備していた椅子は足りなくなり、追加で並べた椅子も埋まり、何十名もの皆さんに、立ってもらわなければならなくなった。
宮腰大臣にもお忙しい中、激励と大門良輔に対する期待を熱く語ってくださった。
野上官房副長官、堂故参議院議員の秘書さん、親戚でもある中新川郡選出の山崎県議からも激励の言葉をいただいた。
今、自民党県議が不在の滑川市のためにも、富山県との太いパイプとなれる大門良輔を県政へと送るために、後援会の結束を!…と、激を飛ばしていただいた。
原議長、高橋自民党滑川市連支部長を始め、自民党市議団の皆さんも力強い支援をしてくださっている。
これからが後援会活動を盛り上げて、4月の選挙戦へとまっしぐらだ。
201902172152270ad.jpg
今日の午後は、中屋一博前滑川市長の旭日小綬章受章祝賀会に参加させてもらった。
石井知事、県選出の国会議員の皆様、県内市町村長の皆様、森清水寺貫主、県議等ご来賓を筆頭に300名以上の皆さんがお祝いに参集されていた。
数々の祝辞の中で、中屋氏の人柄が語られては会場から笑いがこぼれる和やかな祝賀会だった。
私も懐かしい方にお会いすることができて、楽しい時間を過ごさせてもらった。
20190217215302185.jpg
昨日は、同朋こども園の音楽会へ。
まだ喘息の発作の影響で、咳き込むことがあるので、演奏に邪魔にならないように最後尾で見させてもらった。
最後まで聞いて、子どもたちからエネルギーをもらいたかったのだが、残念ながら冒頭の幼稚園児の歌から0~1歳児、2歳児、年少組さんの発表までで、次の予定があって会場を後にせざるをえなかった。
今年はインフルエンザの流行などで、練習も大変だったとのことだったが、例年に負けない、素敵な可愛らしいステージだった。
201902172153342fb.jpg
そして、昨日は東京六大学OBの集いへ。
毎年、各校が持ち回りで幹事をしているのだが、今年は明治大学の年。
毎年、確定申告シーズンの開催で参加するのは幹事校の時だけで、久し振りの参加だった。
各校が応援歌や校歌を交えてアピールをするのだが、野球やラグビー、駅伝などの成績をネタに競争意識がむき出しで楽しい。
何歳になっても母校愛というのは、熱いもののようだ。

最後に…先週も今週もあらゆる場で「テレビ見た?」「滑川市は大変やね」と声を掛けられた。
そうです。
滑川市は大変です。
スポンサーサイト

2019年02月17日(日) | 選挙 | comment : 0 | Trackback : 0

滑川市長の海外視察が全国放送で報じられた

上田昌孝滑川市長は、私が記憶するだけでも滑川市民の税金を使って海外に7回出掛けている。
内2回は、アメリカの姉妹都市シャンバーグ市と隣接のシカゴ市など。
ただ、歴代市長でも澤田市長は姉妹都市の締結の1回だけ、中屋市長は公費では1度も訪問していない。
姉妹都市以外が、今回フジテレビで取り上げられた全国市長会主催のヨーロッパ視察旅行に当選するたびに1回ずつで通算3回。
全国に815ある市や区の首長がいても、毎年数人しか参加しない海外視察なのだから、恐らく全国の市長の中でも参加率はずば抜けている。
更にジャパンEXPO出展を職員に任せず市長が出向いてパリに行っていて、更に今年はこれから台湾に行くらしい。

議員時代、海外視察の予算が提示されたときに、費用対効果など滑川市に対する貢献があるのか、視察の報告書のことなど質問をした。
確か当時の総務課長が報告書はある…と答えたが、私達議員にすらその報告書は公開されなかった。

さて、今回のテレビで放送された内容については私の口からとやかく言うつもりはないのだが、放送後にTwitterやFacebookやブログなどインターネット上で様々なコメントが書き込まれていた。
滑川市民を含め、全国の人がどの様に感じたのか、今回のことで滑川市や滑川市民が全国の人からどの様に見られたのか…を紹介することで、滑川市民は、今回の上田市長マスコミ対応の危機対応能力欠如ぶりを非難しなければならないと感じて欲しい。
20190203214338bc3.jpg 20190203211902a1f.jpg
Hαrum@Para
滑川市の市長は当選するたびに市長会の海外視察に参加しているそうだ。
わたあ@6Gn
滑川市の市長さんの思い出作りの為に、税金を払わされる滑川市民
こん@inu_
滑川市長、周りの奴も本当にどうしようもないな。みっともない。絵に描いたような老害。滑川市民、滑川市の企業ははこんな奴のために税金を納めてるんだよ。無礼者はどっちだよ。
2019020321183561d.jpg 2019020321183116f.jpg
えぼ@chimi
滑川市の上田市長の報道したら、何かありますよ?って、聞きようによっては脅しにも聞こえる。
おまけに、興味のあるもの以外は直ぐに忘れちゃう とか、それは市長としてどうなの?
滑川市民の税金で行ってるんだよね?
市民が納得すると思うか?との質問にセコいこときくな?って?
~○@r774y
金の事件簿 滑川市長 ら4人の市長が 欧州視察
この街にふるさと納税してはいけません。
富山県 #滑川市
いく@sannk
滑川市民の皆さん騒いだ方がいいんじゃない?
開き直ってるじゃん
yoshi@yoshi
富山県滑川市のホームページがダウンしてる。
さすがにテレビの影響はすごいんだね。
市長のミエミエの嘘はいけないよね。
20190203211835cc5.jpg 20190203211900781.jpg
りん@craz
富山・滑川市 上田市長
私なんでも忘れちゃうのって言ってたから
私ドリーなんでもすぐに忘れちゃうのって思い出して一人笑った
ななし@com
コメント出してるけど、忘れたんでしょ?辞任しないと
りょう@ryo
このオッサン終わったな
発言内容がクソ過ぎるwww
滑川市どころか富山県自体がオリンピックとはほぼ無縁ですけど…
八田@yasuh
明石市の例を挙げるまでもなく、田舎の市長なんて殆ど、このレベルでは。
知性や教養の、欠片もない。
滑川市は、全国放送で、生き恥を晒してるね。
地方が廃れるのは、しょうがない。
この程度の人間しか、残っていないのだから。
2019020321524462d.jpg
抹茶@maccha
滑川市長が「無礼者」「楽しい時間を」…て、市民の税金で視察に行ってるくせに、よく言うよな?
田中@o8o
滑川市長上田氏:「楽しい時間を!」「俺は忘れちゃう」www
滑川市のみなさーん!いいんですかーーー?w
レガシィとかぬかしてるぞ!w いいぞ!8!もっとやれ!w
えむ@tommy
滑川市長、いかにもな田舎の権力者だなあ。悪い意味で。
KDK@KDK
滑川市長、老害だろ(笑)
20190203211903fc6.jpg 20190203211905163.jpg
なり@tod
税金500万円について討論するのはセコいことなんですって。
富山県滑川市の方々見てますー?
田中@o8
税金に対して疑問を呈するのは「セコい」らしいですよーーーーー!
滑川市のみなさーーーーーーん!
てやん@xC4cD
終わったな、滑川市長、上田昌孝氏。
市長の資質、無し!
滑川市のホームページ、現在激重(笑)
Labil@SNis
滑川市のHPにこのヨーロッパ視察の報告書が上がってた。これも誰かに用意してもらったものなんだろうなー。だって覚えてないんでしょ~?そしてTVの突撃インタビューに触れられてなくて草wwwww
けろ@him
滑川市のホームページみたら
欧州都市行政調査団の報告書載ってた。
番組見た後だから市長の旅行日記にしか見えないわ(笑)
ママ@shii
滑川市の皆さん こんな市長でお気の毒です。
今まで見てたけど トップレベルのヤバさ(笑)
Bob@awake
この市長の追い込みをかけるのはいいけど、結果的にこの市長を選んだ市民にも追い込みかけてしまってる。
滑川市民が選んで滑川市民のお金で行ったわけだから滑川市全体の自業自得だろ。これが良くない事というなら。
なんし@nan
滑川市のみなさ~ん、こんな市長で恥ずかしくないですか?
あなたたちが選んだ市長ですよ‼️
選挙の1票って物凄く大事だと実感しました。
のぶ@1129
今、テレビ見てる
あの暴言の明石市長が辞任したけれど、この滑川市の市長もアウトだな…
一自治体の長がこれじゃあダメでしょ…ಠ_ಠ
アール@r_ber
この上田市長を選んでいるのは滑川市の市民だものねぇ(´・ω・`)
masa@pfq
滑川市…妻の地元なんだが…
なリ@nari
富山県滑川市の皆さんはこんな市長どう思ってるの?
自慢できる?
おかっ@k_gl
こういう番組をもっとやって、政治家達の活動をしっかり公表して欲しい。
やましくないのなら、密着取材されてもなんともないはず。
堂々と言えないことをやってるから、ああやって馬鹿みたいな文句言ってくる。滑川市民の皆さんはあんなやつが市長でいいの?

これらは、ネット上に書かれた滑川市に対するコメントの極々一部。
滑川市のイメージダウンを招いたことに、上田昌孝滑川市長はどう責任を取るつもりなのだろうか?

2019年02月03日(日) | 何か変? | comment : 1 | Trackback : 0

体調不良続く

年明けのインフルエンザの後、喘息の発作に移行して、3週間目の今も痰が絡んで咳が止まらない。
その上、先週はめまいにも襲われ、点滴を受けて飲み薬が追加される始末で、とにかく体調が悪い。
喉を休めるためには、話さないのが一番なのだろうが、今のシーズンの税理士に「話すな」は無理なことで、関与先とは勿論、税理士会や商工会議所などの新年行事や、理事会や臨時総会も立て込む。
話さざるを得ない状況は続き、喉はボロボロ、めまいで頭はクラクラ。

年末の自民党滑川市連の役員会で、親戚の大門良輔市議が4月の富山県議会議員選挙に向けて自民党公認候補として出馬する方針ということが決定されても、その後の後援会活動のお手伝いもままならない。
2019012719310769e.jpg
現在、自民党の高橋支部長等に助けていただいて、後援会入会依頼のための活動を日々行っているようだ。
魚津市や黒部市でも世代交代の選挙戦が予定されているため、両市と合わせて滑川市もマスコミが注目しているようだ。

皆様のところに大門良輔が挨拶に伺った際には、温かく迎えてやってください。
20190127193433c83.jpg
体調は悪いが、予定していた富山県オペラ協会のニューイヤーガラ・コンサートには昨日出演してきた。
とはいえ、高音は全く出せないので、本当に不本意な舞台となってしまった。
先ずは、普通に呼吸が出来て、普通に話せるように体調を戻さなくては…。

2019年01月27日(日) | 私って・・・ | comment : 2 | Trackback : 0

体調ボロボロの10日間

今年も4日の仕事初め、賀詞交歓会参加から始まり、5日には歌い初め…と例年通りの新年だったのだが、6日夜から悪寒と発熱でインフルエンザA型に罹ってしまった。
インフルエンザ自体は、予防接種を受けていたことも新薬のお陰で1日で熱も下がったのだが、そこから喘息の発作へと移行してしまい、1週間以上たった今日も咳が止まらない。
とはいえ、新年は行事も建て込み、話さないわけにもいかず苦労している。
201901142052035af.jpg
今日は、宮腰光寛大臣を囲む会が富山で盛大に開催された。
前市議会議員としての私と、宮腰光寛と税理士の会会長としての私に案内が来ていて、後者の立場で参加してきた。
県選出の国会議員の皆さんは勿論、宏池会から望月元環境大臣がお祝いに駆け付けられ、石井知事、県内各自治体の首長・議長、経済界や各団体のトップの皆さんが集まった。
首長を代表して森富山市長が祝辞を述べた中で「来ていないのは誰かとか考えずに…」と話されていたが、代理で副市長を出席させた自治体もある中、宮腰大臣の選挙区の首長で、予想通り滑川市だけが来ていなかった。
全く…まるで子供だ。
201901142052044fc.jpg
昨日は町内の班の新年会。
本当は石井知事の後援会女性部の集いもあったのだが、町内を優先させてもらった。
そして一昨日は、自民党富山県連女性部の初顔合わせだった。
話すのも辛いのだが、久しぶりに合う知人友人も多く、結局喉を使うことになった。
20190114205206d17.jpg
金曜は、滑川青年会議所の理事長引継式と新年祝賀会。
振り返ってみても、この頃から体調は全く良くなっていない。
話さずに喉を休めておくのが良いのだろうが、それが許される環境になく、今も席が止まらず呼吸が苦しい。

今週も税理士会の役員会や理事会、賀詞交歓会、商工会議所女性部の新年会など行事が連続の1週間となる。
喉を休められる日は、当分無さそうだ。

2019年01月14日(月) | 私って・・・ | comment : 0 | Trackback : 0

あけましておめでとうございます

nenga2019.png
年末に降った雪がうっすらと残るものの、雨も雪も降らず穏やかな大晦日を過ごし、清々しい平成31年を迎えることが出来ました。
旧年中も多くの皆様に助けられ、大過なく一年を終えることが出来ました。
ありがとうございました。
今年一年が皆様にとりましても、良き年となりますことをお祈りしております。
平成最後の年となる本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、平成30年の年末は28日まで事務所のスタッフの皆さんに支えられて税理士業に勤しんで、29日と30日は顧問をさせてもらっているさらしや町内会の夜警へ。
会計さんと決算について打ち合わせをして、会長さん等と次年度の予算案について話し合いをした。
高齢化が進み、世帯数が減少傾向の町内会においては、将来への蓄えの必要性と、高齢の町内会員さんの会費負担とのバランスが問題となる。
公民館の維持補修をどうしていくか、八坂社の負担金をどうしていくか。
かといって会費の値上げや臨時会費の徴収は難しい。
人口減少社会の自治体の構図と同じような課題を抱えている。
役員さんと話をしていても、今のうちに出来るだけ蓄えるべき…という考え方と、繰越金や修繕積立金を増やすのではなく会費を抑えるべき・・・という考え方とに分かれる。
話し合いの結果は、両方の考え方の折衷案を提案して、それに落ち着いた。

20190101010336843.jpg
大晦日は、毎年恒例のお餅つきと、御節の栗きんとん作り。
今年から、3升5合にもち米を減らして、昆布と豆の伸し餅1枚、白のし1.5枚と、小豆を煮てあんころ餅を作った。
米を蒸しながら、小豆とさつま芋を火に掛けて、一臼餅をついて伸し終えたら、また米を蒸している間に、さつま芋をフードプロセッサに掛けてすり潰して、小豆を混ぜながらさつま芋に栗の甘露煮の液糖を入れて煮詰めて、また餅をついて伸して…。
3時間ほどで、段取り良く仕上げることが出来た。

夜には、上小泉公民館の夜警へ。
町内会の役員の皆さんと、防災のことや町内会の情報発信のためのネット利用のことなど話したりした。
1000世帯を抱える巨大町内会のため、役員の皆さんが町内会の課題を把握することにも、ネットを利用したいと考えられているらしい。
役員の皆さんよりは1~2世代若いので、お手伝いできることがあれば何なりと…とお伝えしてきた。

そして年越しは、これも恒例の加積神社の社殿の中で、宮総代や宮守りの皆さんとすごした。
毎年、お参りをされた皆さんに抽選会を準備されていて(町内会の企業などからの協賛)、今年は400本の外れないのくじを用意された。
ファンヒーターなどの高額商品も用意されているので、年越しの瞬間には300人近い行列が出来る。

現在午前1時30分。
2時間ほど仮眠をして、5時過ぎには八坂社の歳旦祭に出向く。
私のいつもの年越しと元日の過ごし方だ。

2019年01月01日(火) | 私って・・・ | comment : 0 | Trackback : 0

想定内

17日月曜日は、住民代表訴訟で裁判所に行く日だった。
毎回、滑川市からは観光課長等が傍聴に来ていたが、17日は12月議会最終日だったため課長は不在だった。
裁判の方は次回2月25日ということで、年をまたいだ。
20181224191715d86.jpg
さて、12月議会の方だが、委員会では否決されていた条例案が本会議では賛成多数で可決となった。
委員会で否決されたという新聞記事を見て、委員会の構成議員を確認すると誰が賛成して誰が反対したかはすぐに分かった。
逆に、本会議での議決も残念ながら想像通りだった。
本会議だけではなく委員会など総てを取材していた記者が「否めない議論不足」という論評を書いていたが、「別室の議員間討議で意見交換が一切なく、採決方法だけを決めて終了。賛成派・反対派の議論がないことに拍子抜け。」という文章から、委員会室での様子が私には手に取るように分かる。
市側の対応についても「反対派の疑問に明確な回答を返していない」と記されていたが、それはパブリックコメントに対する字面を並べただけの中身のない回答と同じだったのだろう…と、会議録を見なくても想像がつく。
反対派は、条例案の問題点を指摘しているが、賛成派は問題は無いこととして、将来の影響のことなど深慮模せず盲目的に賛成に回ったのだろうなぁ…と。
想定内の採決結果に、今更ガッカリもしない。
あとは、事業者の皆さんの対応を見守るだけだ。
201812241921204ed.jpg
さて、月曜日は裁判所に行ったほか、10月決算法人の申告の仕事に加えて年末調整の事務作業が立て込んで来たため、税理士業はバタバタ。
一方、油絵教室の忘年会があったり、コール・あいの今年最後の練習があったり、更に土曜日にはコール・あいで滑川市民交流プラザでのクリスマスサロンコンサートがあり、引き続きコール・あいの忘年会もあり、日曜日には富山県オペラ協会のニューイヤーガラコンサートに向けた練習があったり…と週末も充実の日々だ。
クリスマスサロンコンサートには、200名ほどのお客様に来ていただいた。
イベントが重なり、駐車場が満車でご来場いただいたお客様にはご迷惑をお掛けしたようだ。

今年もあと一週間となった。
先ずは税理士業を無事に終えて、夜警などに備えなければ!

2018年12月24日(月) | 思うこと | comment : 0 | Trackback : 0

山下先生との思い出

今週、私の人生に大きく関わって下さった山下節子先生がご逝去された。
入院されている病院へお見舞いに行った、僅か3日後のことだった。
山下先生とは滑川市社会福祉協議会会長をされていた時に、私が監事をさせてもらった頃からのお付き合いだが、大きく変わったのは、平成17年の市議会議員選挙の半年ほど前に「滑川市議会に二人目の女性議員を送り出したい」と話にいらした時からだった。
当時は山下先生だけではなく、何名もの方が代わる代わる説得にいらしていたが、一番強力に熱く語っていかれたのは山下先生だった。
ある意味で、私の人生を変えたのが山下先生だったと言っても過言ではない。

社会の中での女性の生きやすさを求めて、戦っていらした先人だった。
私とは三回りも違う年齢で、様々な壁をぶち破っていらしたわけだが、教育長として議場で答弁した時の、当時のとある議員からの侮辱に耐えたことなど、多くのご苦労話を伺ってきた。
私も議場の中で、先輩議員から女性ゆえの嫌がらせ発言もあったが、男社会の中での格闘は私の比ではなかったはずだ。
これこらまだ教えをを仰ぎたいことがあったのに、残念で仕方がない。
もう直接お話しすることは叶わなくなったが、これまでの言葉を胸に活動を続けていきたい。
201812162312552c1.jpg
山下先生にも何度もコール・あいの歌は聞いていただいたのだが、今週末22日の午後2時からはコール・あいで滑川民交流プラザのクリスマスサロンコンサートを行う。
入場無料でささやかながらプレゼントも用意して、多くの皆さんの来場を、コール・あいメンバー全員でお待ちしている。
20181216231259623.jpg
また、コール・あいでは、金曜日になごみ苑でのボランティア演奏も行ってきた。
以前は毎年のように歌いに行っていたのだが、なぜか3年ぶり…と期間があいた。
通常、ボランティア演奏では30分ほどなのだが、今回のなごみ苑では、利用者の方に会場へ集まってもらうのに時間が掛かるので、出来ればもう少し長く…とリクエストを頂いたので、童謡・唱歌などとクリスマスソングなどで45分間歌わせてもらってきた。
介護度の重たい方も多いのだが、通所の方々も多くいらして、手拍子や合いの手を沢山もらい、一緒に口ずさんでもらいながら、楽しく演奏を終えられた。
20181216231259137.jpg
コール・あいに一週間先立って、男声コーラス「ジョイフルフレンズ」の皆さんのサロンコンサートが15日にあったのも聞いてきた。
今年、定期演奏会をされて歌に磨きが掛かって、あっという間の30分だった。
私たちも負けないように、楽しいコンサートに仕上げなくては!!

2018年12月16日(日) | 思うこと | comment : 0 | Trackback : 0

12月議会

20181210003107d7d.jpg 2018121000310797c.jpg
12月議会の代表質問&一般質問が明日から始まる。
残念なことに、どんな議案が市当局から議会に上程されたのか…は、滑川市民には示されていない。
唯一分かっているのは、パブリックコメントに付された「滑川市の大地と水循環を守る条例」のことだけだ。
私もパブリックコメントへ意見書を提出して、それに対する「市の考え」をホームページで読んだが、相変わらず回答は質問と噛み合っておらず、木で鼻をくくったような内容だった。
まぁ、まともに答えると条例の欠陥が明らかになるのだから、誤魔化すしかないのは承知のことだが。
今の議会では、市長の暴走を止める気はなさそうなので、富山県で滑川市が笑われるのだろう。

さて、今週は滑川市ボランティア連絡会の役員会があった。
私は参加できなかったが、八尾への視察研修会の報告があった。
その他、現会長から今期限りでの退任の意向が伝えられ、次回の役員会が大変そうだ。
20181210003140453.jpg
木曜は同朋こども園へ、餅つきのお手伝いに出掛けた。
先週末のお遊戯会には、オペレッタ「こうもり」のゲネプロなどと重なり、見ることが出来なかったのだが、平日は税理士会の役員会や研修が無ければ融通がきくので、昨年に引き続いてお手伝いへ。
お父さん、お母さん方も数多く参加されて、園児全員がお餅つき体験をして、あんこ・きなこ・ゴマの三色餅を食べた。
お父さん方が杵を振り下ろす度に「ヨイショ!」の子供たちの元気な声援が送られた。
お父さんに杵を支えてもらって、2~3人一組で餅をつく姿を写真に納めてもらうのだが、カメラよりも臼の中のお餅が気になるようで、写真を撮る先生方が苦労されていた。
最近は家庭で餅つきをするところが少なくなり、子供たちには貴重な経験となっただろう。

金曜日の昼には滑川青年会議所の歴代理事長会議へ。
今年度の理事長から事業報告を聞き、次年度理事長から所信の一端を聞く…という会なのだが、私が理事長をした頃は一席を設けて、十数名の先輩に参加をしてもらって、所信についての意見をお聞きする…という場だったのだが、いつの頃からか昼食を食べながら…と簡略化されてしまい、歴代理事長の参加も私が一番古株で若手が5人だけという状況。
開催時刻の点では現役の問題であり、出席をしないという点ではシニアに問題がある。
残念なことだ。

そして金曜日の夜は税理士会の忘年会へ。
先月末から忘年会のスケジュールは入っていたのだが、オペレッタ優先でこの冬初の忘年会だった。
この日は、他からも忘年会の誘いが複数あったのだが、生業の拠り所の税理士会の忘年会を選択。
気が付けば今年もあと3週間。
一年が早い…というのは、生活の変化が少ないからだとか…。
刺激的な年末にしなければ!(笑)

2018年12月09日(日) | 思うこと | comment : 0 | Trackback : 0

サブメニュー

プロフィール

高木悦子(たかぎえつこ)

Author:高木悦子(たかぎえつこ)
平成17年11月28日~平成29年11月27日まで、3期12年間滑川市議会議員を勤めました。
職業は税理士・行政書士。
富山中部高校普通科・明治大学商学部卒業。
現在、滑川商工会議所議員、富山県税理士協同組合副理事長、滑川市音楽協会事務局長、合唱団「コール・あい」代表などを勤めています。
防災士一年生です。
53歳になりました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村