高木えつこの「滑川市議会ちゃどんなとこけ?」

滑川市議会議員『高木悦子(高木えつこ)』が見た、滑川市の行政や滑川市議会の模様などをお伝えします。 その他、選挙制度や政治全般に関する疑問などをつづって行きたいと思います。

一進一退

今日は一日、議会関係も税理士会関係も予定が無く、月末の税理士業に専念できた日だった。
半年分の源泉所得税の納付期限が迫っていて、関与先企業から給与データをいただいて納付書作りに精を出した。
関与先や保険会社など来客も何名もあって、月末らしい…と言えば月末らしい日となった。
仕事がはかどった点では良い日だったのだが、少しずつ良くなっている…と思っていた喉の調子が一転おかしくなって、痰が切れずに咳ばかり。
咳込むと体力を使うからか、とにかく「だやい」。
早く普通に戻りたい…。
20170629000555cfc.jpg
体調とは関係なく、初めてウェアラブル端末というものを買ってみた。
タブレットと同期して、歩数計、消費エネルギー、心拍数、睡眠の質などを24時間集計してくれたり、スケジュールの通知やメールの着信などを知らせてくれるというものだ。
咳の影響で、睡眠の質は…悪いんだろうな…。
結果は明日のお楽しみ。
スポンサーサイト

2017年06月28日(水) | 私って・・・ | comment : 0 | Trackback : 0

滑川商工会議所の通常議員総会

20170627235509229.jpg
昨日の税理士会に続いて今日は、滑川商工会議所の通常議員総会。
商工会議所の議員になって確か10年目。
かつては祖父や叔父が副会頭もして、4年前に父が辞めるまでは叔父の跡を継いだ従弟と父と私と3人同時に議員をしていた時もあった。
市議会議員と違って、商工会議所の議員は「特別会費」の負担をして就く役職で、父曰く「親子でやらんでも良かろ?」と、ようやく辞任させてもらった。

話はそれたが、今日は決算総会。
3月までの各会計の決算報告がされた。
それに先立って、会頭からは4月のホタルイカ海上観光について、議員に諮る間もなく、正副会頭等の判断で、急に引き受けることになったことなどが語られた。
私の予想通りの経緯だったようだ。
総会後の懇親会でも、来賓挨拶でホタルイカ海上観光の話が出た際に、とある商工会議所議員からは「来年はしっかりしろ」といった檄が飛んだ。
市当局の説明では、納得されていない人がまだまだいるのだ。

また、滑川蒲鉾跡地のことについても、複数の方から「あれはおかしい。」「普通の不動産売買なら、ありえん値段や。」「まだ市長は買う気なんか?」「使い道も定かでないのに買うなんて、会社じゃありえん!」…と声を掛けていただいた。
私も代表質問で訴えたが、経済人には理解できない買い取り話なのだ。
当の市長は来賓として同じ空間にいたのだから、直接「おかしい」と伝えてもらいたいのだが…言いづらいから私のところに訴えにいらっしゃるのだろう?

2017年06月27日(火) | 地域の活動 | comment : 0 | Trackback : 0

総会など3つ

20170626215649da9.jpg
税理士会魚津支部の総会は先週終えているのだが、今日は富山市内で税理士政治連盟富山支部の定期大会に続き、富山県税理士協同組合の定期総会、更に富山県下4支部合同定期総会式典、とどめの祝賀会…と、午後はホテルに缶詰めだった。
魚津支部の支部長を2期4年間勤めた後、富山県税理士協同組合の副理事長も2期4年間終えて、本来ならば今日で役員を終える予定だったのだが、富山県内の色々な役員事情が影響して、イレギュラーで副理事長をもう1期2年間続けることになった。
総会後に「高木さんは、まだ辞められないんだね?」と、笑いながら声を掛けていただいたり、「何年目に突入ですか?」と聞かれたり…。
実際、税理士になって25年目なのだが、まだ20代の時に支部の幹事から始まった役員歴は23年目に突入してしまった。

さて、祝賀会では税理士の話もあるが、滑川市議会の話をされる方もある。
週末の明治大学の校友会の懇親会でも「ホタルイカ海上観光のゴタゴタの真相は何?」と聞かれたり「蒲鉾会社跡地購入で、議会が全員反対して修正するって、滑川市って、どんな予算の出し方しとるが?」と尋ねられたり…。
良いニュースでではなく、別のことで滑川市外の方にも関心を持たれている。

さて、明日は商工会議所の総会だ。
月末なので、申告作業も進めなくては…。

2017年06月26日(月) | 税理士 | comment : 0 | Trackback : 0

新川コーラスフェスティバル

20170625222246d89.jpg
年に一度、新川地区の9つの合唱団が一堂に介して開催される「新川コーラスフェスティバル」が新川文化ホールで行われ、コール・あいの一員として参加してきた。
この日のために、数ヶ月前から練習をして、ディズニーの映画音楽4曲を暗譜して臨んだ。
また総出演者200名全員による合同合唱曲2曲も何度か練習を重ねてきた。
昨日も合同合唱の練習があり、今朝も本番前の最後の練習・・・と、本番で最高の演奏を届けるために、それぞれの合唱団が努力をしてきた。
今日は生憎の雨ということだったが、600名の聴衆が入場されたということだった。
個人的には、風邪から移行した喘息症状に悩まされて、薬を飲むことはもちろん、昨日も今日もマスクをして、のど飴をなめて水分を摂って、曲と曲の合間に咳払いをしつつ、本番で痰が絡まないか心配をしながら本番の舞台に上った。
・・・今、このブログを書く間も咳が出てしかたない。
ただ何とか、コール・あいの舞台も合同合唱の舞台も、ステージの上では咳き込まずに本番を終えられた。
自分自身が歌うことも楽しいのだが、他の合唱団の歌を聴くことも楽しくて、今日一日幸せな時間を過ごすことができた。

さて、この週末。
木曜日は、14歳の挑戦で受け入れる滑川中学生2名の事前打ち合わせ訪問を受けて、初々しい挨拶ぶりに、来週からの受け入れが楽しみになった。
金曜日は、西加積交通安全協会の総会に参加をして、滑川警察署の交通課長による交通安全教習を受けた。
20170626000330d7d.jpg
高齢者による交通事故の増加は全国的な課題で、歩行者、運転者の利用法の目線で交通事故を減らすために気をつけるべきところをビデオを交えて教えてもらった。
土曜日は、新川コーラスフェスティバルの練習の後、富山へ移動して、明治大学校友会の総会の記念講演会と懇親会へ。
20170625222337987.jpg
1年ぶりでお会いする、大学の先輩方と楽しい時間を過ごさせていただいた。
小学校にしても高校にしても、校歌を歌うというのは気持ちの高ぶるのはなぜだろう?
その時代に戻るからだろうか?

2017年06月25日(日) | 地域の活動 | comment : 0 | Trackback : 0

議会改革度540位

今日は議会改革検討特別委員会があった。
前回の委員会で合意を得た議会倫理条例案を市役所の法制担当にチェックをしてもらい、それをパブリックコメント(意見募集)前の最終チェックのはす…だった。
ところが、市役所の法制担当における文言修正の報告を聞いた瞬間に、条例の条文構成の欠陥に気付いてしまった。
「審査」と「調査」という文言を「審査」に統一すべき…という法制担当からの修正だったのだが、文言統一をした瞬間に、議長要請と市民請求の二つの審査会開催要件が、条文の中でつながっていないことに気付いてしまったのだ。

というわけで、今日の委員会は辻褄が合うように条文構成を見直す作業を行った。
条例案をパブリックコメントに出す前に気付いて良かった。
6名の委員、2名の議会事務局員、更に法制担当が確認しても、ポカはあるものなのだ。(汗)
個人的に、条文一つずつのチェックに意識が偏って全体を見通すことを失念したからなのだが、何でもっと早い時期に気付けなかったのか…自分のレベル低下が情けなかった。
201706212236401ca.jpg
さて、上の設問は早稲田大学の議会改革度アンケートの一部。
先日公表された全国の議会改革度ランキングで、滑川市議会は540位だったらしい。
議会基本条例の制定などもあり、昨年よりはランキングも上がったようだが、まだまだだ。
富山県の議会全体が、このランキングでは低空飛行を続けているのだが、議会も自治体も基本的に「情報公開」の部分の取組が遅れている。

滑川市議会では、本会議のケーブルテレビ中継は以前からしてきたが、YouTubeでの録画中継は3月から始まったばかり。
しかし、委員会の様子はケーブルテレビもネットも中継はしていないし、その会議録も公開していない。
行政視察を行っても、その報告書も公開していない。

議会倫理条例の制定で議会改革検討特別委員会の仕事も区切りをつけるようだが、議会改革に終わりはない。
改選後の組織をどうしていくかの議論がこれからだ。

2017年06月21日(水) | 議会報告 | comment : 0 | Trackback : 0

6月議会閉会のち税理士会支部総会

今日、6月議会最終日で本会議に上程されたすべての議案の採決を行った。
その前に総務文教委員会が召集されて、委員会の中で行った上田市長の行田公園整備は児童館整備と一体のものという発言を、委員会として削除するかどうか…の可否を諮った。
更に、総務文教委員会に先立って議会運営委員会でも、本会議の一般質問の中での上田市長の発言削除について話し合われ、削除が認められた。
本会議の冒頭、議長から「市長発言削除」に関して諮られ全員異議なしで削除が正式決定した。

このことは、先週の総務文教委員会で私から市長発言と補正予算案が辻褄が合わないと指摘し、後日の産業建設委員長から「市長発言が削除されなければ、予算案の審査ができないが、削除するか?」…と、助け船を出されて、「それなら削除する」と市長が不本意そうに発言を取り消したものだが、議員を20年も勤め市長も8年目のキャリアで、自分の発言が議案差し戻しに値する問題発言だったと認識がなかったことに驚いた。

さて、本会議では産業建設委員会に提出された滑川蒲鉾跡地購入費4800円を削減する予算修正案が、全員賛成で成立し、議会として4800万円で滑川蒲鉾跡地を買うことにNOを示した。
その他の議案は全員賛成で、可決承認された。
更に議員提案の意見書採択に関して、受動喫煙に関するものについては私は反対をした。
受動喫煙を強化したい厚生労働省案に対して、例外を求める意見書だったからだ。
20170620230956dbf.jpg
本会議終了後は北陸税理士会魚津支部の定期総会へ。
今年は2年に一度の役員改選の年で支部長以外の役員が変わった。
とはいえ、私は5年目の監事を引き続き務めることになった。
総会には、村椿魚津市長を始め、法人会、青色申告会、商工会議所など関連団体の代表にも来賓として出席していただいて、小さなミスもあったが、無事に終えられることができた。
総会後の懇親会では、税理士会員だけではなく来賓の中からも、何名もの方から「滑川蒲鉾は買わなくて正解だよ。」「45年もたった工場にあの値段はないだろう?」…と、経済人の視点での激励の言葉をいただいた。
ただ、「もう買わないと決まったんだろ?」との問いには「市長は諦めてないんで3ヶ月後にまた出ますよ。」と話すと、「ただでもらってくれならともかく…」「何年か待ったら『貰って欲しい』って会社から頼みにくるだろう」と私と同じ考えが。
経済人では共通認識だ。

さて、来週は、富山県税理士協同組合や滑川商工会議所の総会など総会が続く。
頑張って月末を乗り切らねば!

2017年06月20日(火) | 議会報告 | comment : 0 | Trackback : 0

中滑川駅前活用策座談会

201706192332234f8.jpg
2年前に滑川市が購入した中滑川駅前の農協会館跡地。
市役所からも徒歩3~4分。
藤井歯科跡地などと合わせて約7500平方メートルという、中心市街地中の中心地。
議場でもその活用法について何度も議論がされたが、今月に入ってようやく、周辺の町内会単位での要望を聴くための座談会が始まった。
田中新町、田中町に次いで今日のさらしやか3町内目らしい。
入り口で中滑川駅前に有ればいいと思うものを付箋に書いて欲しいと伝えられる。
それとは別に、まちづくり課からの説明を聞きながら意見を伝えて行くのだが、元々スーパーマーケットがあったのが無くなり、日々の生活の中で不便に感じられる方も多く、スーパーが欲しいという声は複数あった。
図書館と東地区公民館が同じ敷地にあり駐車場などが手狭なのと、東地区公民館が老朽化していることもあり、いずれかの機能を持ってきては?…という意見もあった。
高齢化が進み、子供たちの姿が減っている地域だけに、人が集える場所が欲しい。
銭湯が無くなり、お風呂があればいい…という声もある。
健康センターや働く婦人の家も含めた複合型の施設が良い…というのは、商店街のまち・経営者のまちであるさらしやだからかもしれない。
線路で分断され、一方通行の踏切や高齢者にはつらい階段の地下道など、交通の整備無しでは駄目ではないか…と、まちづくり課が座談会の場では求めていなかった、ごもっともな意見を出る。

まちづくり課にしてみれば、市民の「欲しいもの」だけを聞くつもりだったのだろうが、アリバイづくりのように意見を聞くだけ聞いて具体的な活用策決定の過程に改めて市民の声を聞く機会を持たないと、出来上がったものが人の集まらないものになりかねない。
これからまだ6つの町内会を回るそうだが、取りまとめたものを議会にも提示してもらい話し合う場を作ってもらいたいものだ。

2017年06月19日(月) | 町内会 | comment : 2 | Trackback : 0

自民党富山県連定期大会ほか

20170618230845519.jpg
どうも…風邪が喘息へ移行したようで、咳と痰で呼吸が辛くて眠れない夜が続いている。
土曜日は富山県民会館で、自民党富山県連定期大会が開催されたのだが、一旦咳が出ると止まらないので、周囲の人の邪魔にならないように二階の桟敷席部分で参加をした。
今年も富山県連は、日本全国一位の組織率を誇ったそうだ。(但し、滑川市の組織率は高くはない。)
記念講演会は外務大臣としての任期が四年半になり、最近は「ポスト安倍」の呼び声もある岸田外務大臣だった。
岸田外務大臣の講演を生で富山でお聞きするのは二度目だが、マスコミが居ようが居まいが失言のない確実なお話をされる方だ。
逆の言い方をすれば面白味に欠けるのだが、将来ある方はこうなのだろう。

土曜日の夜には滑川市常盤町のコワーキングスペースTRIOで秘密の会議に出席。

日曜日の朝は、西加積地区公民館主催の球技大会の開会式にマスク姿で参加をして、その足で富山市民芸術創造センターへ。
今年度の富山県オペラ協会の活動がスタートした。
今年度はオペラ公演の無い年で、新年のニューイヤーガラコンサートのための楽曲の練習を行った。
…とはいえ、時折咳が出て、皆さんの練習の邪魔をしてしまうことに…。
一週間後には、新川コーラスフェスティバルの舞台に立たなければならないのに治るのだろうか?
明日改めて、お医者様へ行ってこなければ…。
その前に、今夜眠れますように…。

2017年06月18日(日) | 地域の活動 | comment : 0 | Trackback : 0

サブメニュー

プロフィール

高木悦子(たかぎえつこ)

Author:高木悦子(たかぎえつこ)
滑川市議会議員3期目(平成21年11月28日~)
総務文教委員会委員(常任委員会)
産業建設委員会委員(常任委員会)
議会改革検討特別委員会委員
職業は税理士・行政書士。
富山中部高校普通科・明治大学商学部卒業。
51歳になりました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2 Blog Ranking にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村